2011年12月22日

エコプロダクツに行ってきました!その3

おはようございます晴れ

エコプロダクツ訪問記、今回で最終回です。


5つめはキープ協会さんのブースにお邪魔しました。

DSCF5123.JPG

キープ協会さんは、山梨県清里高原で環境教育や農場体験の提供をしている団体です。
季節ごとのプログラムが組まれていて、お話を聞いていたら参加したくなりましたぴかぴか(新しい)

DSCF5126.JPG DSCF5127.JPG

そのほかにも清里の環境保護をしています。

DSCF5128.JPG

これは、やまねやりすなどの小動物のための通路です。


最後は共存の森ネットワークさんのブースにお邪魔しました。

DSCF5134.JPG DSCF5133.JPG

主に活動紹介の展示と炭の販売をされていました。
この炭は、大学生向けのプログラムの一環で作成した炭だそうです。
また、高校生を対象に行っている聞き書きのドキュメンタリー映画を各地で開催しているそうです。
後程スケジュールをお知らせにアップしたいと思います。


今回はこの6団体をまわるので精一杯で、ほかのブースを見学することができませんでしたが、
どのブースもとても賑わっていました。
ただ一つ、企業のブースにいるスタッフがほとんどコンパニオンのお姉さんだったのがとても不自然に感じました。
目の保養にはいいですけどね(笑)

3日間で来場客は181,478人にものぼりました。
こんなにたくさんの人が環境に対して関心をもっているんだと思ったら、
ちょっとうれしくなりました。


(インターン和泉)
Share (facebook)
posted by Maeda at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

エコプロダクツに行ってきました!その2

おはようございます晴れ

おまたせしました。訪問記その2です。

3つめはアイサーチ・ジャパンさんのブースにお邪魔してきました。

DSCF5110.JPG

ねんどでイルカを作りながら、イルカの生体を学ぶワークショップをやっていました。
ちびっこ対象ですが、わたしも参加させてもらいました。

DSCF5112.JPG

左が見本で右がわたしが作ったイルカです。う〜ん、なんかちがう〜(;;)

DSCF5115.JPG DSCF5114.JPG

しかも、荷物が多かったもので、お家に帰って取り出してみたらペシャンコになってました(涙)


次はA SEED JAPANさんのブースにお邪魔しました。
DSCF5117.JPG

A SEED JAPANさんはさまざまな活動をされていますが、今回はエシカルケータイキャンペーンと、エコ貯金プロジェクトについての展示をされていました。

DSCF5121.JPG DSCF5119.JPG

エシカルケータイキャンペーンとは、携帯電話の材料になる鉱物を発掘する際に、環境破壊や人権侵害などが起きていることを知ってもらい、問題解決を目指すキャンペーンです。
発掘の際には、絶滅危惧種に指定されているゴリラの住む場所が破壊されたり、時には労働者の食糧になったり(!)、また、危険な作業に子供たちの労働力が使われていたりするそうです。
エコ貯金プロジェクトは、自分のお金の行く先を考え、正しいお金の使われ方(貯金の方法)を考え推進していくプロジェクトです。
先月、地雷廃絶日本キャンペーンのイベント行った時も、A SEED JAPAのかたがいらっしゃいました。


その2はここまでです。
その3に続きます。

(インターン和泉) Share (facebook)
posted by Maeda at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

エコプロダクツ2011に行ってきました!その1

こんにちは。インターンの和泉です。

先日15日〜17日に日本最大級の環境展示会である「エコプロダクツ」が開催されていました。

GiveOne登録団体である
アイサーチジャパン、A SEED JAPAN、キープ協会、共存の森ネットワーク、樹木・環境ネットワーク、日本ウミガメ協議会

が出展していたので、見に行ってきました。

ちょっと長くなるので3回に分けて報告します。


さすが日本最大級です。迷子になりながらやっとNPO・NGOブースにたどり着きました。

まず、日本ウミガメ協議会さんのブースへ。

DSCF5100.JPG DSCF5099.JPG

右の写真は本物の亀のはく製です。亀って意外と歯が鋭いんですね〜。
展示内容は、主にウミガメの生体に関するものでした。
オリジナルグッズの販売もしていましたよるんるん

DSCF5103.JPG DSCF5105.JPG

亀の着ぐるみを着て、記念撮影もしてくれました!

DSCF5098.JPG

亀さんとお別れして、次の団体へ。


次は、樹木・環境ネットワークさんのブースです。

DSCF5107.JPG DSCF5109.JPG


担当の方がいらっしゃらなかったので、お話は聞けませんでした(;;)
右の写真は、葉っぱで作ったバッタです。。。かね?細か〜いです。

DSCF5108.JPG

こちらは、学生むけの環境教育グッズと思われます。
子どもたちに、楽しんで環境や生物のことを学んでもらえるように、工夫されていますね。

訪問記その1はここまで。
その2につづきます。

(インターン和泉)
Share (facebook)
posted by Maeda at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

確定申告をしましょう

 今年もあと10日余り、年末の慌ただしい時期になりました。何かとお忙しいでしょうが、今回は確定申告のお話です。
 今年中にNPOなどに寄付したのであれば、確定申告をすることで税金が戻る場合がありますので、ぜひ、忘れずに今から準備をしておきましょう。
 今年は寄付税制が改正され、認定NPO法人に対する寄付は、従来の所得控除に加え税額控除も可能となりました。また、東日本大震災関連で義援金等として寄付した場合は、一定の条件を満たす場合は、対象となる寄付金の限度額が拡大します。
 詳しくは、ギブワンのサイトにある寄付金控除に関するページをご覧になるとともに、国税庁のホームページなどを参照してください。

 私は数年前から、医療費控除のために毎年、確定申告をしています。一昨年からは、寄付金控除も加わりました。
 管轄の税務署は自宅から遠いのですが、確定申告期間中は最寄の駅近くの施設で、臨時窓口を開いています。窓口では、記入の仕方など、分からないことは親切に教えてくれるので、便利です。
 昨年分は、e-Taxを利用して自宅のパソコンで申告しました。年明けからはいつでも申告できるので、早めにやれば還付も早くて便利でした。
 申告に必須なのが領収書。今のうちに整理してまとめたり、まだ受け取っていない場合は催促したりと、準備を怠りなく。

 NPO等の活動は、本来は国や地方自治体が税金を使ってやるべき公共サービスとも言えます。それを、NPOが寄付金を使って行うわけですから、皆さんの寄付金は税金の一部を肩代わりしたとも言えます。ですので、認定NPO法人に対する寄付の一部が税金の還付という形で戻ることに、遠慮はいらないと思います。
 私もそろそろ準備を始めます。
(前田純弘)
Share (facebook)
posted by Maeda at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチリニューアル!

こんにちは。
先日、ブログのカテゴリを新しく分類しなおしました。

・ギブワン主催セミナー
GiveOne主催のセミナーや、GiveOneを運営するパブリックリソースセンターが主催するセミナーやイベントをご紹介します。

・ギブワン特集・メルマガ
GiveOneサイト上での特集や、月1回発行されているメルマガの紹介をします。

・ギブワン情報・お知らせ
新しいコンテンツや、メディアへの露出、その他もろもろGIveOneに関する情報を紹介します。

・参加団体への訪問
参加団体のイベントや報告会に参加した報告をしたいと思います。

・各団体・プロジェクトの紹介
各団体の活動に関してや、プロジェクトの紹介をしていきます。

・分野別プロジェクトまとめ
分野別にプロジェクトをまとめて、紹介していきます。

・寄付者からのメッセージ
寄付者の皆様から団体に寄せられたメッセージを紹介していきます。

・寄付・社会貢献をするには
寄付や社会貢献に対するガイドの考えや、ツールの紹介をしていきます。
寄付や社会貢献をしようとしている人の背中を押してあげられるような記事が満載です。

・ガイド独自記事
ガイドが普段の生活で感じたこと、思いなどをつづっています。

・寄付する意味
寄付をする意味についての記事です。

・GiveOne活動日記
GiveOneの活動を紹介していきます。
現段階では古い記事ばかりですが、GiveOneの裏側を紹介できればと思います。

・メンバー紹介
GiveOneの運営にかかわっている事務局スタッフやガイドを紹介した記事です。

・ニュースから
新聞やニュース、コラムからGiveOneや寄付に関することを紹介していきます。

・イベント・お知らせ
おすすめのイベントやお知らせを紹介します。

・メルマガ
月1回発行されているメルマガの紹介をしていきます。

・海外事情
海外ではどうなっているのか紹介していきます。

・東日本大震災
東日本大震災に関連した記事です。

・NPO活動紹介
NPOの活動を紹介します。

より過去記事が探しやすくなったと思いますので、ぜひご活用ください♪

(インターン和泉) Share (facebook)
posted by Maeda at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

アーティストも子どもも両方を育てる

 12月2日夜、ギブワンを運営するNPO法人パブリックリソースセンター職員の田口由紀絵さんが講師を務める立教大の講義に行きました。この日のゲストはNPO法人芸術家と子どもたちの代表・堤康彦さん。とっても興味深いお話でした。
 芸術家と子どもたちは、学校にアーティストを派遣して、ワークショップ型の授業を行うことをメインの活動としています。1999年に任意団体として設立以来、昨年度までで累計363の小学校等で約2万人の子どもたちに授業を行ってきました。すごい数字ですね。
111202rikkyou.jpg
 授業を行うのは、主にコンテンポラリーアートと呼ばれる分野で活躍するプロの方々で、音楽、舞踊、絵画などジャンルはいろいろです。詳しくは、団体のサイトをご覧ください。

 講義は質疑応答を含めて、予定の1時間半を大幅にオーバーして2時間にもなりました。私が聞いていて頭が下がったのは、堤さんが「私やスタッフがどうやって食っていくのが、ずっと課題なんですよね」といいつつ、アーティストにはちゃんと謝礼を払っている点です。

 このあたりは、いろいろ議論があるところだと思いますが、堤さんとしては、一定のレベルを持ったアーティストが必要であり、「自分の仕事の場でのパフォーマンスと比較して、学校でのワークショップで明らかに手を抜いているようなことが分かれば、次からは来て頂かない」とおっしゃっていました。一方、「アーティストはなかなか食べていけません。ワークショップは、アーティストの皆さんのいろいろな経験の場でもあると思います」と、アーティストを育てることも念頭においているとのことでした。

 おっと、本題の子どもたちの方ですが、講義の中で八王子の小学校で行ったワークショップの様子を収めたビデオを見せてもらいました。子どもたちだけでなく、先生も生き生きとした表情でびっくりです。NHKの番組「ようこそ先輩」を思い浮かべました。やはり、一流の方が手を抜かずに接すると、みんな感じるものがあるんだなあと納得しました。

 堤さんたちの活動は、子どももアーティストも両方を育てる、とても貴重なものだと思います。

 ギブワンでは、芸術家と子どもたちの活動へ寄付することができますので、ぜひ、ご協力をお願いします。

 さて、講義の翌日(12月3日)朝、たまたま「ようこそ先輩」を見ましたら、権威ある英国のガーデニングの大会で金メダルを取った長崎の花屋さんのお話で、不覚にも涙を流しました。(蛇足)

(前田純弘)
Share (facebook)
posted by Maeda at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPO活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。