2009年01月24日

え、NECが日本酒を造ってる?

NECが日本酒造り? にわかには信じがたいですよね。

NECとは、正真正銘あの日本を代表するIT企業の日本電気のことです。まさかと思ったのですが本当でした。

IMGP0100.JPG先日NECの方から実物を見せて頂き、証拠写真を撮りました。
銘柄は「愛酊で笑呼」。
「IT、で、エコ」が由来だそうです。
(かなりベタですねぇ。まさに「笑を呼ぶ」が狙いだと思われます。笑)

中身はITには関係なく(多分・・)、無農薬無化学肥料のお米で造った本物の日本酒です。


これ実はNECが社員の環境教育の一環として行っている、

■「NEC田んぼづくりプロジェクト with アサザ基金」

で造られた非売品です。主に宣伝・広報活動や社内行事などに使用されているそうです。

こうして形に残るものは成果が分かりやすくていいですね!
田んぼ作りに参加してみたくなります。


NECとパートナーを組んでいる「アサザ基金」は、霞ヶ浦流域の環境教育、自然再生事業を行っているNPO。霞ヶ浦をきれいにした立役者です。田んぼ作りも水質浄化と水源地保全の一環です。

1995年から実施しているアサザプロジェクトは、のべ16万人を超える市民が参加し、行政、企業とも連携した「市民型公共事業」呼ばれる新しい公共事業モデルです。
http://www.kasumigaura.net/asaza/index.html

これをモデルにした取り組みは、秋田県の八郎湖や滋賀県の琵琶湖などの全国各地で始まっています。


ちなみに「アサザ」は霞ヶ浦などに見られる水草で、黄色の花は水質再生の象徴的存在。美しい自然を回復してくれたアサザ基金のみなさまに感謝です。(写真はアサザプロジェクトHPより)
070921asou_asaza4.jpg

GiveOne(ギブワン)での寄付募集はこちら。
アサザプロジェクト

(鷹野)



Share (facebook)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。