2009年02月10日

ミャンマー緊急支援に9ヶ月行っていたNさん

昨日、社会を動かすNPOの方々と交流する会に参加しました。

その会で、ミャンマーのサイクロン被害緊急支援で、9ヶ月現地に行っていたNさんとお会いしました。

ミャンマー8239myanmar.gifNさんは「難民を助ける会」のスタッフで笑顔のとても素敵な女性。
GiveOne(ギブワン)に掲載されているミャンマー緊急支援の写真を現地で撮影した方でした。

写真:サイクロンで壊されてしまったサイゴン市内の家。直す余裕もなく、今もここに親子が暮らしている。(撮影:2008年5月9日)

サイクロン被害は死者・行方不明者13万人以上の大災害。
政情不安で支援団体の入国もままならない中、難民を助ける会は、現地で長く支援活動を行っていたため、いち早く緊急支援を開始しました。

災害発生の数日後には、現金を直接持参してNさんが現地入りしたとのこと。
皆さまからの寄付が確実に支援先の現場で有効活用されています。

現地では復興支援が本格化してきて、日本からはお金の支援が中心になっていくそうです。

ミャンマーから帰国したばかりで「日本にまだ慣れてない」Nさん。
直接、現場で活動している人を知ることは大切ですね。

活動の詳しい内容は難民を助ける会ホームページに掲載↓
http://www.aarjapan.gr.jp/lib/act/act0901-1myanmarpwd.html

(鷹野)


Share (facebook)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。