2009年02月28日

「フリースクール ボクらの居場所はここにある!」出版のお知らせ

不登校の課題に取り組む14人の手記を集めた、フリースクールの新刊が出版されました。

この本を編集した「NPO法人フリースクール全国ネットワーク」は、今年1月に日本フリースクール大会を開催し、「フリースクールからの政策提言」を採択するなどの活動を行っています。


この本の中で、GiveOne(ギブワン)登録団体の東京シューレも取り上げられています。

1985年に学校外の子どもの居場所「東京シューレ」を開設した、フリースクールの先駆け団体で、GiveOne(ギブワン)には、2001年のスタート当初から登録されています。

代表の奥地圭子さんは元公立学校教員で、わが子の登校拒否体験から「親の会」の活動を始め、2007年にはついに「東京シューレ葛飾中学校」を設立するに至っています。詳しくは→プロフィール

東京シューレ本11fs.jpg◆新刊好評発売中◆

「フリースクール ボクらの居場所はここにある!」
NPO法人フリースクール全国ネットワーク 編

2009年2月1日発行
定価1575円(税込)


書籍紹介から概要を抜粋します。
-------------------------------
■ 全国のフリースクール14人の子どもと若者のストーリー
どうして不登校になり、フリースクールに通い始めたかを振り返ります。

■ 今、何を考えているか、どうしていきたいか、
そんな生の声が沢山入っている1冊です。

■ 後半は43団体のフリースクール団体情報も。
「行きたいフリースクールはないかなぁ」という時の情報収集としてもどうぞ。


<内容>
パート1 フリースクールで育つ子どもたち
パート2 ボクらの居場所はここにある!
パート3 フリースクール全国ネットワーク団体情報

●本書に登場するフリースクール
・寺子屋方丈舎(福島県)
・フリースクールりんごの木(埼玉県)
・ネモネット(千葉県)
・フリースクール僕んち(東京都)
・フリースクールジャパンフレネ(東京都)
・東京シューレ(東京都)
・東京シューレ葛飾中学校(東京都)
・のむぎO.C.S(神奈川県)
・地球の子どもの家(長野県)
・夢街道国際交流子ども館(京都府)
・フリースクールFor Life(兵庫県)
・フリースクールAUC(山口県)
・フリースクールクレインハーバー(長崎県) 
・珊瑚舎スコーレ(沖縄県)
-------------------------------
(抜粋終わり)


文部科学省のH18年統計によると、

■不登校生徒数は全国小中学校合計で12万人!(1.17%)

高学年になるにしたがって割合は増え、中学平均では35人に1人。つまり1クラスに1人いる計算です。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/08/07080133.htm

子どもを持つ親にはとても身近な問題です。
ご紹介した本は、不登校でなくても子どもと向き合う親にとって、とても参考になると思います。

<<GiveOne(ギブワン)寄付プロジェクト>>
なんだ。家があるじゃないか!(東京シューレ)
東京シューレサポーター(東京シューレ)

(鷹野)


Share (facebook)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。