2009年04月21日

アースデイ・レポート(1)日本ウミガメ協議会

まぶしい初夏の日差しの元で開催されたアースデイ東京2009。

日本ウミガメ協議会2.jpg私達GiveOneスタッフはウミガメの写真とカメを型取ったグッズが目を引く日本ウミガメ協議会のブースにもお邪魔しました。

日本ウミガメ協議会は、ウミガメの保護と彼らの生活の場である砂浜や海岸などの環境を守るための活動を行っている団体です。
GiveOneには2001年(オープン年)から参加しています。


日本ウミガメ協議会1.jpgブース内では団体の活動内容の説明や活動への支援を呼びかけるためのパネルが掲示されていました。

←ダイバーへも協力を要請





日本ウミガメ協議会3.jpg団体の活動のひとつである
「悠ちゃん人工ヒレプロジェクト」を →
紹介したコーナーも。

サメに襲われ、ヒレをなくした亀(悠ちゃんと名づけられました)を、どうにか今後も野生で不自由なく生きていけるようにしようと行っているプロジェクト。

善意ある人々の募金によって支えられたプロジェクトです。
詳しくはこちら↓
http://www.umigame.org/J/rescue/project_houkoku.html

<GiveOneからも寄付できます>
ウミガメの「悠ちゃん」に義肢を!悠ちゃん基金プロジェクト


展示されている写真や記事を興味深く眺めている私達に、事務局長の水野さんが子ガメの放流会についてのお話を聞かせてくれました。

↓「やめよう 子ガメの放流会」について熱〜く語る水野さん

日本ウミガメ協議会4.jpg各地で開催されている子ガメの放流会。日本ウミガメ協議会は、これをウミガメ保護に反する行為として廃止するよう呼びかけているそうです。

孵化直後の子ガメが海に放される感動的なシーンを私もテレビで何度かみたことがありますが、昼間行われる放流会は子ガメの体力を消耗させたり外敵に見つかりやすくしてしまったりといった様々な弊害を含んでいるのだそうです。

詳しくはこちら↓
http://www.umigame.org/J/information/houryuukai.htm


なるほど、時に私達は知らず知らずのうちに自然保護に反する行為を
してしまうことがあるのですね。知識は大事です。

しばし、考えさせられたひとときでした。

日本ウミガメ協議会ロゴ.jpg NPO法人日本ウミガメ協議会
 ホームページはこちら
 http://www.umigame.org/



最後にひとこと宣伝を。日本ウミガメ協議会5.jpg

ウミガメの携帯メルマガ「カメルマガ」もあるそうです。
ネーミングがお茶目ですね。→

ご興味のある方は登録してみてはいかがでしょうか。
http://merumo.ne.jp/00526850.html

ブログデビューの新米ギブワンガイド羽生惠理がレポートしました。
(羽生)


Share (facebook)
posted by Takano at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド独自記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。