2009年04月27日

脱原発の高木仁三郎氏が設立した市民科学基金

GiveOne(ギブワン)に新規登録されたNPOをご紹介します。

高木基金10030-takagilogo100.gif

認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金

高木基金写真2.JPG高木さんって誰??

どこかで聞いたことがあるような気もします。
歴史的偉業を成し遂げた有名人だったかな?
(右写真は団体HPより)


調べてみました。

■生涯をかけて脱原発と「市民科学」に力を尽くした人(1938-2000)
■東大卒(核化学)、日本原子力事業に入社。
■東大原子核研究所助手、ドイツの核物理研究所どを経て、反原発運動に関わっていく。
■反原発運動全国連絡会『反原発新聞』創刊。美浜原発1号機事故、米スリーマイル島事故、チェルノブイリ原発事故など、原発への警告を発信し続ける。
■1998年「オルターナティブな科学者を育てる」高木学校の呼びかけ。
■市民科学者の育成に注力
・『市民科学者として生きる』(岩波新書)
・このままだと「20年後のエネルギー」はこうなる(カタログハウス)
■2000年10月、62歳で多くの人々に惜しまれながら死去。

あ、思い出しました。
カタログハウスの通販生活で名前を見たのでした。
みなさんのなかにも、あ、原発のあの人か。と思い出した方もいらっしゃるのでは?

詳しくは「高木仁三郎の部屋」へ↓
http://cnic.jp/takagi/


基金では、高木仁三郎氏の遺志により、次の時代の「市民科学者」をめざす個人やグループに対し、資金面での奨励・育成を行っています。

GiveOne掲載の寄付プロジェクトはこちら↓

社会課題の解決に取り組む「市民科学者」の育成・支援

より詳しい情報は、高木仁三郎市民科学基金のHPで。
http://www.takagifund.org/


科学技術は日本の強み。
平和で、環境によく、地球も人間も安心して暮らせる社会に向けて、
日本の科学技術をもっともっと活用していきたいですね!

皆さまの応援をよろしくお願いします。

(鷹野)


Share (facebook)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。