2009年05月17日

エコポイントを寄付に使えるようにして欲しい

政府主導のエコポイントが5/15スタートしました。
日刊スポーツニュース

ポイントが何に交換できるのか決まっていないなど、見切り発車と言われていますが、初日の家電量販店の売上は 10%程度伸びたそうです。

少しでも安く買えるなら、タイミングが合えば市民は買いますよね。


でもエコ製品なら何でもポイントがつくわけではありません。

■ 対象製品は、「エアコン」、「冷蔵庫」、「地上デジタル放送対応テレビ」の3品目のみ


ええ? たった3品目しかないの?
これってその製品を売りたいだけじゃね?

と思いますよねえ。


そうなのです。


「エコポイント」という名称を前面に出していますが、実態は緊急経済対策で、家電業界救済、地デジ普及が主たる目的です。
それにエコの調味料を後から振りかけたんですね。
経済産業省HP参照(環境省・総務省と共同)

なので、環境対策としては中途半端感があります。


実は、環境省が以前から単独で、「エコ・アクション・ポイント」の普及に取り組んでいるのをご存知ですか?

こちらは、京都議定書の6%削減目標達成を目指して、家庭部門でのCO2削減を狙っています。
環境対策が目的ですから、こちらの方が本格的なのは当然です。

だから対象製品も家電、自動車、住宅関連、文具類、食品、宅配等々、非常に多岐に渡っています。
http://www.eco-action-point.go.jp/information/information_06.html

エコ・アクション・ポイントにご興味のある方はこちらへ↓
エコ・アクション・ポイントHP
エコ・アクション・ポイント公式サイト(環境省)

環境省も急に浮上した「エコポイント」との違いに苦慮しているようですね。
http://www.env.go.jp/policy/ep_kaden/index.html


とは言っても、せっかくスタートしたエコポイントですから、いかに環境対策に役立つかを、もっと考えて欲しいと思います。

ポイントが寄付に還元できることが増えてきましたから、是非エコポイントも寄付に使えるようにして欲しいです。

*************
ちなみに、GiveOne(ギブワン)運営のパブリックリソースセンターでも、旅行サイト「じゃらん」のポイント交換先のNPO選定のお手伝いをしています。
http://www.public.or.jp/point.html

GiveOne参加の環境団体では下記が紹介されました。

気候ネットワーク
団体HP→ http://www.kikonet.org/
アサザ基金
団体HP→ http://www.kasumigaura.net/asaza/
霧多布湿原トラスト
団体HP→ http://www.kiritappu.or.jp/

各団体の素晴らしい活動には感動を覚えます。
もっと寄付が集れば、より事業を拡大でき、環境対策が進みます。
*************


環境省のエコ・アクション・ポイントでは、還元先として環境NPO等への寄付が当然入っています。
ところがエコポイントでは、今のところ商品券や鉄道のプリペイドカード等が対象で、寄付は入っていないようです。

ポイントの寄付は今の時代、一つの選択肢として当たり前。
環境対策を前面に出すなら、環境NPOに寄付ができない「エコポイント」では片手落ちではないでしょうか?

みなさんはエコポイントを何に使いたいですか。

(鷹野)


Share (facebook)
posted by Takano at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | ガイド独自記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エコポイントは何に使えるのか? ? 【シリーズ大喜利】
Excerpt: Q: 家電などを購入すると、もらえるエコポイントは今のところ使い道が決まってないらしいのですが、何に使えるようになるんですか? A: さあ急げ!きみも応援ク..
Weblog: 好き好き大好き!
Tracked: 2009-06-16 14:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。