2009年07月14日

「100円でできるコト」を考えるブロガーイベントに参加

7/11(土)、お台場で開催されたトークイベント、「ブロガー meets ¥100!!」(ニフティ「地球のココロ」主催)に参加しました。

GiveOne(ギブワン)は地球のココロのパートナーとして、イベントにご招待いただきました。ありがとうございます!

小007.JPG
写真は主催のニフティ株式会社取締役・高山氏のあいさつ。
ニフティならではの社会貢献活動でもあります。

****

「100円でできるコト」として、NPO/NGOの活動が次々にスライドで紹介されていきます。

小015.JPG小017.JPG

・100円でエイズ孤児5人分の昼食
・100円でストリートチルドレン20人分のミルク

それと対比して、100円で思い浮かぶことを会場からアンケートで集め、100円の価値をゲストと一緒に考えます。

・100円ショップで買物 (105円だし、とのツッコミも)
・缶ジュース1本 (これも100円で買える自販機は少ないですが)

みなさんも具体的に並べて、比較してみてください。

100円は、20人分のミルク、5人分の昼食・・・
それを想像すると、100円玉が少し重く感じるかも知れません。

(*われらがGiveOne(ギブワン)も紹介されたのですが、すっかり写真を撮るのを忘れてました・・・・)

****

ゲストは、ノギャルで有名な藤田志穂さん。

小013.JPG

おしゃれで都会的な外見とは裏腹に、自ら農業をやって「シブヤ米」を発売したり、ビーチクリーンにギャル10,000人を動員したりと、大注目のやり手ギャル社長です。

ちなみに、ノギャルは農業ギャルですが、シブヤ米は秋田県産???
ハチ公の出身地が秋田県なんですって(笑)。このセンス、好きです。

ついでに、ビーチクリーンは「海岸の清掃活動」なんですけど、言葉の響きでオシャレに感じてしまうから不思議ですねえ。


そんな藤田志穂さんからのメッセージは、
■ みんなで「少し」を集めて楽しくやろうよ

1人の100円でできなくても、5人集めて500円ならできる。
1人でやるのは大変だけど、仲間とならば楽しくできる。

ビーチクリーンもその典型例ですね。
多くの人が気軽に少しずつやれば世の中変わるよ、という発想が素晴らしい。
(それにしてもギャル10,000人って、いったいどんな・・)

みなさんは100円の重みをどう感じますか?
100円を使うとき、その価値を意識して「いいお金の使い方」をしたいものですね。

****

GiveOne(ギブワン)では、1000円から、様々な分野の信頼できるNPO・NGOに寄付ができます。

イベントの後半では、その寄付に関するいいメッセージがありました。
また明日のブログでご紹介します。
(鷹野)


オンライン寄付サイト Give One



Share (facebook)
posted by Takano at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド独自記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。