2009年11月12日

女子高で社会貢献に関する授業を行いました

昨日、東京の名門女子高として名高い、田園調布雙葉中学高等学校の高3授業に外部講師で呼んで頂きました。

仕掛け人は元ITコンサルタントの情報科教諭・小林 潤一郎先生。様々な分野の第一線で活躍する社会人を呼んだユニークな授業で、教育関係者の間で知られています。
http://www.manabinoba.com/index.cfm/4,3066,76,html

今回私が担当したテーマは「ケータイを活用した社会貢献アイデアを考える

奉仕活動をやっている学校だけあって、生徒の関心がとても高くて嬉しかったです。
やっぱり直接ボランティア活動を体験するのって大事ですね。体験に優る学習なしです。

前半では、GiveOne(ギブワン)の11分野の各活動を紹介。環境、子ども、国際協力など、自分の関心分野を考えます。
後半はチームで分野を決めて、ポストイットにアイデアを書き出して話し合い、発表してもらいました。

こんな感じです↓
20091111高校授業IMGP0970.JPG

詳しくお見せできないのが残念。すごくいいアイデアも出ています。
1時間集中してやれば本当に実現可能なアイデアが生まれそうでした。
さすが頭がやわらかい。


小林先生の許可を得て、授業後の生徒の感想をいくつかご紹介します。

---------------------------------
■国際協力や子どもについてはとても興味があったので話が聞けて良かったです。携帯のアイデアはもっと考えれば沢山出てくると思います。面白かったです。

■今起きている問題に身近なケータイが役に立ち、ちょっとした工夫で私たちが興味を抱いたように、問題に興味を持つ人が増えると実感しました。

■私の周りには在日外国人(難民、出稼ぎ)が多くいるので、今回の授業には大変関心がありました。自分にできることはどんどんやっていこうと思います。

■社会貢献はちょっと難しいものかと思っていたのですが、アイデアを出しているうちに私たちに密接しているものなのだと感じました。

■NPOの活動にはこんなに沢山の種類があるんだと初めて知りました。今はできることは少ないけど、自分のできるところから協力してみたいなと思いました。

■新たな発見がたくさんありました。携帯電話を利用してさまざまなボランティアに役立てるという発想も、今後私の将来にも関連させて考えてみたいです。
---------------------------------


他にもケータイ世代だけあって、ネットの安全性確保に関するコメントなんかもありました。

人それぞれで表現は違いますが、自分の関心があることに、自分ができることから関わっていくことが大事だと感じてもらえたようです。今後におおいに期待しています!

みんな、感想ありがとう!! 授業をやる側も楽しかったです。(鷹野)


オンライン寄付サイト Give One



Share (facebook)
posted by Takano at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド独自記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。