2011年03月21日

東日本大震災緊急支援  震災弱者を救って下さい

物資・食糧の不足、寒さなど、被災者の方々はいまだ過酷な環境下で避難生活を続けています。しかし、その中には身体の障害やアレルギーという、さらなる不自由を抱えながら不安な避難生活を余儀なくされている震災弱者の人達がいます。

−公的避難所で障害者の避難は難しく、また、ガソリン不足で移動を断念したヘルパーが福祉避難所に複数の重度障害者とともに24時間体制で常駐しているという情報が届いています!

−アレルギー患者にとっては、避難所にやっと届いた食物にアレルゲンが含まれていたら、何も食べることができず、命にかかわる問題となります!

3月20日現在、GiveOneでは12の東北太平洋沖地震被災者 緊急支援の寄付プロジェクトが開設されていますが、ここで、障害のある方やアレルギーを持つ被災者に特化して支援を行う組織のプロジェクトをご紹介させてください。

DPI日本会議東北太平洋沖地震 障害者の避難生活を支えます
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10190

アトピッ子地球の子ネットワーク 東北地方太平洋沖地震アレルギー患者支援活動
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10189

アレルギー支援ネットワーク東日本大震災 食物アレルギーの子どもたちにご支援を!
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10191  

支援物資も続々と現地に届き始めました。ところが、こうした特別のケアが必要とされる方達への支援までは手が廻っていません。どうぞ皆さまのご支援をお願いします。(羽生惠理)

20110411tohoku_top_banner.jpg

オンライン寄付サイト Give One


Share (facebook)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。