2011年11月16日

投融資で社会が変えられるって?

 11月5日(土)地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)主催の、「みんなで変えるお金の流れ。〜投融資が社会を変える可能性〜」に行ってきました。用意されていた席数もほぼ埋まっていて、たくさんの方がいらっしゃっていました。
 JCBLは、地雷・クラスター爆弾の廃止を目指し、アドボカシー活動、地雷被害者支援、調査研究活動など行っていますが、2009年からクラスター爆弾を製造している企業に対する投資を禁止するキャンペーンをはじめています。
 今回のシンポジウムは、そのキャンペーンの一環として開催されました。

 まず、第1部では城南信用金庫理事長の吉原毅さんより基調講演がありました。
 信金の本来のあり方や、東日本大震災を受けての城南信金の取り組みなどをお話していただきました。

 第2部は「投融資問題への処方箋」をテーマにパネルディスカッションが行われました。
 パネリストは、
 吉原毅さん(城南信用金庫 理事長)河野太郎さん(衆議院議員)
 田辺有輝さん(「環境・持続社会」研究センター(JACSES)理事)
 水口剛さん(高崎経済大学教授)
 目加田説子さん(地雷廃絶キャンペーン理事、中央大学教授)

 原発輸出についてや、年金運用と「責任ある投資」の関わり、クラスター爆弾製造への投融資についてなど解説していただきました。会場からの質問もたくさんでていて、とても白熱したシンポジウムでした。
 詳しくは、JCBLのHPに当日の様子がUPされていますので、そちらをご覧いただければと思います。
 JCBLのサイトでの報告はこちらです。

 銀行にお金を預けた後、そのお金がどのように使われているのかを考えたことのある人はあまり多くないと思います。このシンポジウムの中でも、大手金融機関がクラスター爆弾製造企業へ投融資していたことが述べられました。
 私は、そのお話がとても衝撃的でしたし、会場の中にも私と同じように衝撃を受けた人は少なくはないと思います。
 自分が頑張って働いたお金ですから、「銀行に預けて、ハイ終わり」ではなくその後のお金の行く道を、もっと考えていきたいと思いますし、そのような考えの人が増えてほしいと個人的に思っています。

 シンポジウムで取り上げられた話題は多岐に渡っていましたので、私以外の参加者の皆さんは、反原発について聞きたかったのかも知れませんし、議員の先生のお話を聞きたかったのかも知れません。
参加する目的は違かったかもしれませんが、シンポジウムが終わってみて意識が少しでも変わったのならば
それは社会にとっては大きな変化かもしれません。

 私は「本当に必要とされているところに、お金がまわってほしい」と思って大学院での勉強などを進めていますが、このシンポジウムを終えて、「自分が思っている以上に、お金の流れを変えたい、お金の使い方を変えたいと思っている人は多いんじゃないか」と思いました。!
 ただ、そのツールを知らないだけなんじゃないかと。

お金の流れを変える方法は実はたくさんあります。
GiveOneはそのツールの一つだと思いますし、このようなツールをどんどん社会に認知してもらえるよう工夫して発信していくのが私の役目かなぁ、なんて思いました。

 関西でも19日に、「どこに行ってる?私のお金」キャンペーンを一緒に行っている国際青年環境NGO A SEED JAPANが関連のイベントを行います。お近くの方は、ぜひ♪

http://www.aseed.org/ecocho/]http://www.aseed.org/ecocho/
(和泉)


Share (facebook)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。