2007年03月12日

温暖化防止新聞 号外

2007年3月11日の朝日新聞に面白い記事が載りましたわーい(嬉しい顔)

「温暖化防止新聞 号外」

元お笑い芸人、てんつくマンが発案し、2007年6月22日に日本全国の街頭で地球温暖化などの環境問題を伝える新聞を発行するそうです。
そう、夏至の日。100万人のキャンドルナイトの日でもあります。

こういう活動、その日だけで終わりではなくて、その日までの小さな小さな積み重ねが沢山ある。
終わってからもそこに参加した一人ひとりが、じゃあ、次はどんなことを自分で出来るだろうかと考えて歩みだせる。


配布する活動自体が地球温暖化に直接寄与するわけではないかもしれませんが、みんなで、何が出来るだろう、どんな活動が実際に行なわれているだろうかと知ることが出来る活動となるといいですね。
どのような内容を発信していくのか。少し楽しみにしてみたいと思います。


【温暖化防止新聞 号外の特徴】
・4900万部(ほぼ日本の全世帯分)
・1日の発行数としてはギネス記録!?
・発行費用も配布もボランティア
・温暖化の現状や消費電力や二酸化炭素排出量を削減する取り組みを紹介

詳しくは、TEAM GOGOホームページ
他の呼びかけ人の方々のお名前も載っています。


※上記の活動に対しては、その進め方と内容について色々な見方があるかと思います。
温暖化を防止する必要があるのかどうか。そして防止する必要があるとしたら、それをどのようなプロセスを通じて実現していくことが妥当なのか。
迷いつつも、考えていかなければならない課題ですね。


Share (facebook)
posted by gakki at 22:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Team GoGo2007、素敵な活動だと思います。しかし、一歩間違うと、全く無意味な宣伝になるのが環境問題の難しいところだと思います。元記事には、“チェルノブイリの10倍”とか“原発5基なくせる”とかセンセーショナルな言葉が並んでいますが、、、それは本当なのか?ちょっと考えて見ました。
http://daigan.dir.st/cs/blogs/blog/archive/2007/03/11/team-gogo-2007.aspx
Posted by daigan at 2007年03月13日 08:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。