2011年12月19日

確定申告をしましょう

 今年もあと10日余り、年末の慌ただしい時期になりました。何かとお忙しいでしょうが、今回は確定申告のお話です。
 今年中にNPOなどに寄付したのであれば、確定申告をすることで税金が戻る場合がありますので、ぜひ、忘れずに今から準備をしておきましょう。
 今年は寄付税制が改正され、認定NPO法人に対する寄付は、従来の所得控除に加え税額控除も可能となりました。また、東日本大震災関連で義援金等として寄付した場合は、一定の条件を満たす場合は、対象となる寄付金の限度額が拡大します。
 詳しくは、ギブワンのサイトにある寄付金控除に関するページをご覧になるとともに、国税庁のホームページなどを参照してください。

 私は数年前から、医療費控除のために毎年、確定申告をしています。一昨年からは、寄付金控除も加わりました。
 管轄の税務署は自宅から遠いのですが、確定申告期間中は最寄の駅近くの施設で、臨時窓口を開いています。窓口では、記入の仕方など、分からないことは親切に教えてくれるので、便利です。
 昨年分は、e-Taxを利用して自宅のパソコンで申告しました。年明けからはいつでも申告できるので、早めにやれば還付も早くて便利でした。
 申告に必須なのが領収書。今のうちに整理してまとめたり、まだ受け取っていない場合は催促したりと、準備を怠りなく。

 NPO等の活動は、本来は国や地方自治体が税金を使ってやるべき公共サービスとも言えます。それを、NPOが寄付金を使って行うわけですから、皆さんの寄付金は税金の一部を肩代わりしたとも言えます。ですので、認定NPO法人に対する寄付の一部が税金の還付という形で戻ることに、遠慮はいらないと思います。
 私もそろそろ準備を始めます。
(前田純弘)
Share (facebook)
posted by Maeda at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチリニューアル!

こんにちは。
先日、ブログのカテゴリを新しく分類しなおしました。

・ギブワン主催セミナー
GiveOne主催のセミナーや、GiveOneを運営するパブリックリソースセンターが主催するセミナーやイベントをご紹介します。

・ギブワン特集・メルマガ
GiveOneサイト上での特集や、月1回発行されているメルマガの紹介をします。

・ギブワン情報・お知らせ
新しいコンテンツや、メディアへの露出、その他もろもろGIveOneに関する情報を紹介します。

・参加団体への訪問
参加団体のイベントや報告会に参加した報告をしたいと思います。

・各団体・プロジェクトの紹介
各団体の活動に関してや、プロジェクトの紹介をしていきます。

・分野別プロジェクトまとめ
分野別にプロジェクトをまとめて、紹介していきます。

・寄付者からのメッセージ
寄付者の皆様から団体に寄せられたメッセージを紹介していきます。

・寄付・社会貢献をするには
寄付や社会貢献に対するガイドの考えや、ツールの紹介をしていきます。
寄付や社会貢献をしようとしている人の背中を押してあげられるような記事が満載です。

・ガイド独自記事
ガイドが普段の生活で感じたこと、思いなどをつづっています。

・寄付する意味
寄付をする意味についての記事です。

・GiveOne活動日記
GiveOneの活動を紹介していきます。
現段階では古い記事ばかりですが、GiveOneの裏側を紹介できればと思います。

・メンバー紹介
GiveOneの運営にかかわっている事務局スタッフやガイドを紹介した記事です。

・ニュースから
新聞やニュース、コラムからGiveOneや寄付に関することを紹介していきます。

・イベント・お知らせ
おすすめのイベントやお知らせを紹介します。

・メルマガ
月1回発行されているメルマガの紹介をしていきます。

・海外事情
海外ではどうなっているのか紹介していきます。

・東日本大震災
東日本大震災に関連した記事です。

・NPO活動紹介
NPOの活動を紹介します。

より過去記事が探しやすくなったと思いますので、ぜひご活用ください♪

(インターン和泉) Share (facebook)
posted by Maeda at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

米国からGiveOneへの寄付到着!

基金.jpg

Give One(ギブワン)では、米国をはじめとする海外からの寄付については、公益財団法人 日本国際交流センターがニューヨークの米国法人内に立ち上げた災害復興支援基金 Japan NGO Earthquake Relief and Recovery Fund とパートナーシップを組んでいます。

同基金に寄せられた寄付の50%は、Give Oneを通じて日本のNGOの緊急支援活動に届けられます。(残りの50%は中長期の復興支援のために使われます。)
早速第一弾の寄付金を受け取りました。

日本国際交流センター(JCIE)の伊藤さんからのご報告です。


-----------------------------------------------------------------------

今回の東北関東大震災への寄付について、米国からGiveOneへの寄付の第1弾が届きましたのでご報告します。

日本国際交流センター(JCIE)の米国法人では、地震発生3日後の3月14日に災害復興支援基金を立ち上げました。米国中から寄せられる支援の申し出を、それを必要としている日本のNGO・NPOに的確につなげるためのカタリストの役割が必要、と判断したからです。

18日までに寄付額が4万ドルを超えましたので、少しでも早く被災地向けの活動にお届けすべく、第1弾の寄付金を入金しました。

日本と関係が深い団体や、個人、企業、学校、そして連邦議会議員など様々な方が、被災された方と日本への支援の思いをこめて募金をして下さいました。

一番大きな金額になったのは、 ニューヨーク在住の日本人の若手お母さんたちによる17日の募金イベント。
ユニオン・スクエアで道行く人々に訴えたところ、わずか2時間の間に1万ドル強が集まり、その全額をJCIEの基金にご寄付いただきました。子どもたちも含めた当日の募金の様子は、日米両国で報道されましたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。下記でご覧いただけます。
NHK.jpg

□ NHK
□ 日テレ
□ Wall Street Journal(英語)
□ NY1(英語)

また、 異色なところでは、17日にハリウッドで行われた、アニメファンのためのチャリティイベント ”We Heart Japan"でも、オークションなどの収益をアニメの国・日本の支援のために寄付したいと、JCIE基金に寄付をいただきました。

クロニクル・オブ・フィランソロピー紙によれば、米国の非営利団体に寄せられた東北関東大震災関連の寄付は11日の震災発生から7日間で約8700万米ドル(約70億円)に達したそうです。

地元米国の援助団体の日本向け活動に対する寄付が少なくないようですが、中には自らの日本での救援活動はとりやめ、類似の活動をする日本のNGOのための募金に切り替えた大手NGOもあるほか、ジャパン・ソサエティ、US-Japan Council, アジア財団が作ったGive2Asia、当センターの基金などのように、日本のNGO・NPOに資金が届く寄付の仕組みを提供している団体もあります。

米国のドナーの高い期待の中で、日本の非営利組織の真価が問われているのかもしれません。

JCIE基金に寄せられる寄付の50%は、Give Oneを通して「東北緊急支援 寄付パッケージ」の6団体に送られます。残りの50%は中長期の復興支援のために使われます。

以下のページに、日々アップデートを出していますので、ぜひご覧ください。

■ Japan NGO Earthquake Relief and Recovery Fund (英語メインページ)
■ Japan NGO Earthquake Relief and Recovery Fund (アップデート・ページ)
■ 日本語での概要ページ(PDF)

公益財団法人 日本国際交流センターチーフ・プログラム・オフィサー
伊藤 聡子
(GiveOne運営評議員)

-----------------------------------------------------------------------
20110411tohoku_top_banner.jpg

オンライン寄付サイト Give One
Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

トップページをリニューアルしました!

GiveOneサポーターへの寄付を活用させて頂き、
トップページを2年ぶりにニューアルしました!

日ごろのGiveOneのご利用、ご支援、誠にありがとうございます。

■リニューアル後 http://www.giveone.net/
20101217トップページ.png

□リニューアル前
GiveOneトップ.png

2年前のオープン時のブログ記事↓ もう随分前の気がします。。。
http://gamba-staff.seesaa.net/archives/20081215-1.html


今回のトップページリニューアルの目的は、

・メッセージを伝わりやすくする
・親しみやすくする
・サイト内を見たくする

こうなっていれば成功です。いかがでしょうか?

メッセージは多くの方に意見を頂きながら、
GiveOne(ギブワン)のコンセプトが、誰にでも分かりやすく
伝わるように検討を重ねて決定しました。
------------------------------------------------------
寄付は社会を変える第一歩
あなたの想いを信頼できるNPOにつなぎます
------------------------------------------------------
Oneには、所得の1%という意味を込めていますが、
社会と関わる一歩を踏み出そうとの呼びかけを前面に出しました。

リニューアルにはマーケティング支援会社のQ4 Inc.様に、
多大なご協力を頂きました。
http://www.q4-inc.co.jp/
磯島さん、坂本さん、松沢さん、ありがとうございました!

4ヶ月前から検討をはじめ、
課題の洗い出し、コンセプトの明確化、構成案、具体的デザインへと
毎月1〜2回のミーティングを重ねながら進めました。

今後引き続きQ4のみなさまにご協力を頂きながら、
寄付者イベント開催やコンテンツ充実を順次実施しきます。
ご期待ください。

1月に第一回の寄付者イベントを行う予定です。
詳細が決まり次第、ご案内します。

今後とも末永く、GiveOne(ギブワン)をご利用頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします!!
(鷹野秀征)


オンライン寄付サイト Give One
Share (facebook)
posted by Takano at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

ソーシャルネットで「ラオスに学校を!」特集

20100803logo-trans.png7月にオープンした大丸松坂屋百貨店運営のソーシャルネット、ご存知ですか?
http://jfr-socialnet.com/
実は、GiveOne(ギブワン)もNPOとの連携と寄付システム提供でご協力しています。



百貨店が二次流通品市場にはじめて参入したことで、話題になっています。

簡単にいうと、リユース品の買取・販売サイトですが、
リユースで環境負荷低減に貢献し、さらに、代金の一部(2.5%)を寄付することにより、国際協力、子供、女性、教育などの様々な支援活動に参加できます。

それに大丸松坂屋百貨店が同額を上乗せして、売買代金の合計5%がNPOに寄付される仕組み。

寄付つき商品は、ボルヴィックはじめ沢山出てきましたが、ソーシャルネットのユニークさは、、、

■ 自分のお金を寄付すること
■ 寄付先が自分で選べること
■ その寄付先に同額が運営者から上乗せされること


つまり、市民の主体的な社会活動への参加を、大丸松坂屋が応援している点が進んでます!

 ****

GiveOneでは、ソーシャルネット寄付ページに掲載されている合計24団体を選定し、紹介しています。
https://www.giveone.net/jfr-socialnet/PGJF/JFTopPage.aspx

このうち毎月「おすすめ寄付」をトップページで紹介。
今月8月のおすすめは・・
■ ラオスに学校を! プロジェクトです。


20100803camp007_main.gif人口の約70%の人は、1日2ドル以下で生活するというラオスには、学校がない村が2,000以上もあります。

民際センターでは学校建設だけでなく、特に貧しい家庭の、小学校3年生から5年生までの子どもを対象に、年1万円の奨学金を3年間支給しています。

みなさまも、オカイモノで社会貢献、してみませんか。
*現在は買取のみで、販売は8月下旬頃の予定です。

(鷹野) Share (facebook)
posted by Takano at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

なんとかしなきゃ! 見過ごせない−55億人

世界の様々な課題を身近に感じ、小さなできることから国際協力しよう! というプロジェクトが始まりました。

その名も
『なんとかしなきゃ! 見過ごせない−55億人』
http://nantokashinakya.jp/

7/27に記者会見が開かれて、正式スタート。
トークセッションには、北澤豪さん、川嶋あいさん、紺野美紗子さん、高橋尚子さん、知花くららさん、福留功男さんなども参加されました。

運営者は以下の3団体です。
・国際協力NGOセンター(JANIC)
・国際協力機構(JICA)
・国連開発計画(UNDP)

GiveOneには、3ヶ月ほど前に協力の依頼を頂きました。

国際協力の様々な活動に「寄付」という形で参加するアクションとして、紹介されています。
http://nantokashinakya.jp/supporter/global_cooperation/collect.html

GiveOne以外の寄付サイトも紹介されています。
・イーココロ!
・チャリティプラットフォーム
・JANIC NGOサポート募金

それぞれのサイトの特徴が上手に表現されていますので、
ご自分のスタイルに合わせて活用してみてはいかがでしょうか。

またブログコーナー(国際協力の現場から〜)も必見。
読みどころがコンパクトにまとめられていて、いいですね!
GiveOneブログも頑張ります!
http://nantokashinakya.jp/voices/blogs.html

通称「なんプロ!」
みなさんも一緒に広めていきませんか。

(鷹野) Share (facebook)
posted by Takano at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

ギブワンが食育雑誌で紹介されました

 このたび 山口県内で発刊されている食育誌「やまぐち食育くらぶ」のコラム欄にギブワンが
紹介されました!!

うっきー表紙.jpg   「やまぐち食育くらぶ」は主に山口市内の商店街のお店やishop加盟店、
  幼稚園などで配られているフリーペーパー。

  「手作りの大切さや母の味、みんなで食べることの楽しさといった
  “子どもたちの心の食育”も考えた活動をしていきたい」と、
  山口市内在住の食育指導士さんの呼びかけて集まったメンバー達が
  母親の観点で食の大切さを訴えます。
うっきーP14.jpg 
 読者の多くが子育て中のお母さん(もちろんお父さんも)ということで、
ギブワンでも多くの寄付プロジェクトが稼働中である、子ども関連
の話題に触れながら、わたくし羽生が問題提起の記事を
書かせて頂きました。

掲載記事はこんな感じ →

 草の根の市民活動からはじまって大きな力へ・・・とのコンセプトは多くのGiveOne参加団体にも通じる部分があるのではないでしょうか。
元気な子育てママさん達の今後の活躍に乞うご期待です!! (羽生惠理)
Share (facebook)
posted by Hanyu at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

新メンバー&月間寄付実績100万円超え

6/7(月)は月1回のギブワンガイド(運営ボランティア)ミーティングの日。

今回の議題は4つでした。

1.新メンバー紹介
2.寄付実績・アクセス数報告
3.課題と対策
4.次回までのToDo

先月に引き続き、強力な新メンバー加入!
会社代表を務める中田博さんです。(写真右中央)

20100607ガイドミーティング.JPG


今後、地域貢献をする立場を担う必要があると考えて、NPO活動やボランティア活動を調べ始めた時に、GiveOne(ギブワン)を目にしたのがきっかけとのことでした。

広告・イベントも得意領域でGiveOneのガイド役にはピッタリ。
よろしくお願いします!!

*先月の新メンバーは写真右奥の前田さんです。
http://gamba-staff.seesaa.net/article/149678263.html

 *****

さて毎月のメルマガでお知らせしていますが、
先月5月の寄付実績も100万円を超えました。

寄付件数は323件。
1件あたり平均約3000円ということになりますね。

1000円〜 任意の金額で寄付ができますが、
中には1回で10万円のご寄付をお預かりすることもあります。

こうした高額寄付者にも信頼してサイトをご活用頂いているのは、GiveOneの一つの特徴かも知れません。

裏話ですが、高齢者の遺贈の相談を個別に受けることもあるのです。
(1000万円単位です!)

 *****

課題は、まだまだGiveOneの認知度が低いこと。
今の10倍のアクセス数にして、10倍の寄付金をNPOに届けるサイトにしたいです。

また、GiveOneの大事な価値観である「寄付は未来への投資」というメッセージが伝わっていないこと。
ユーザービリティの向上。

信頼感を出すために硬めのテイストにしていますが、親しみやすさが足りない、との声も。

優先順位をつけて、着実に向上させていきたいと思います。

 *****

最後にTwitterのお知らせです。

公式「@give_one」でフォローしているのは、GiveOne登録団体のTwitterアカウントです。
http://twitter.com/give_one

現時点で確認できているのは、参加114団体中30ほど。
興味のある団体のアカウントをフォローしてみてはいかがでしょうか。

よろしくお願いします! (鷹野)


オンライン寄付サイト Give One

タグ:寄付実績
Share (facebook)
posted by Takano at 03:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

新メンバー加入!

今日は月1回のギブワンガイド(運営ボランティア)ミーティングでした。

本日より、強力な新メンバーが加入しました!
メディア関係の方で、寄付サイトのような仕組みが必要だと思っていたところ、GiveOneを発見したのがきっかけ。

GiveOne事務局でも、ちょうど広報と記事編集ができる方を探していたので、まさにバッチリのタイミングでした!

縁ですね。

20100512ガイドミーティング.JPG
写真左より、事務局の田口さん、新メンバーの某メディア関連会社にお勤めの前田純弘さん、柴沼さんです。(撮影はわたくし鷹野)

今後一緒に活動できるのが楽しみです。

ツイッターもぽちぽちやってます。
http://twitter.com/give_one
(鷹野)
Share (facebook)
posted by Takano at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

Twitterで寄付の状況をお知らせ開始

Twitterの活用が進んでますね。電車でもよくそれらしい人を見かけます。(私もその一人。笑)

Give One(ギブワン)の公式アカウント「give_one」では、サイトを通じた寄付の状況のお知らせをスタートしました。

昨日4/24は、10プロジェクトへ12件、計44,000円の寄付がありました。
http://twitter.com/give_one

ご利用頂き、どうもありがとうございます。

Give Oneは「未来社会への投資」をコンセプトに、社会の課題に先駆的に取り組むNPOを「自分が選んで支援できる」市民の社会参画サイト。現在 107団体、 151プロジェクトを紹介中です。

Twitter、SNS、ブログ、Ustream(ユーストリーム)などの「直接人と人がつながる」ソーシャルメディアは、市民主体の社会創りを大きく促進していますね。

Give One参加団体でもどんどん活用が広がっていて、あらたな支援者獲得の有効な手段になりつつあります!(鷹野)



オンライン寄付サイト Give One

タグ:twitter 寄付
Share (facebook)
posted by Takano at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギブワン情報・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする