2012年09月27日

田んぼから広がるつながりの『輪』

だいぶ涼しく、秋らしい気候になりました。
関東では稲刈りの時期です!

人生初の稲刈りを体験してきました。

2.jpg

いつか河童が現れることを願って、「かっぱん田」という名前がついています。

茨城県牛久市の霞ヶ浦流域で、環境教育・環境保全・地域振興などの活動を行っている
アサザ基金と、損保ジャパン環境財団の共同プロジェクトで運営されている田んぼです。

損保ジャパン環境財団が行っているCSOラーニング制度で集まった都内の大学生が
田んぼのお世話をしています。

私も昨年度のラーニング生なんですが、今回初めてかっぱん田に行きました。



20年以上も耕作放棄されて田んぼとは思えない状況から復田したのが去年の冬。

一般的な田んぼは稲刈りの時期になると水を抜いて、乾燥した状態にしているので
スニーカーでも稲刈りは出来るんですが、
「かっぱん田」は湧き水で育てているので、水を抜くことが出来ず
この時期でもぬかるんでいます。
なので、機械を入れることが出来ず人の手で稲刈りを行います。
これも、耕作放棄の理由だと思われます。


では、稲刈りの開始です!

3.jpg

稲を刈りながら、刈った稲を干すためのオダを建てて行きます。

6.jpg

竹で出来た物干しのようなものが「オダ」です。

予定よりも参加した人数が少なかったので、稲を刈る人、刈った稲を束ねる人、オダを建てる人に分かれて効率よく作業しました。

稲を刈っていると現れるのが、「かっぱん田」に住む生物たち。

トウキョウダルマガエル
1.jpg
目が金色でかわいいです。

他にも、トンボ、アメリカザリガニ、ウシガエルのおたまじゃくし、ヤマカカシ、ギンヤンマなど
写真はないですが、たくさんの生物に会うことが出来ました。

アメリカザリガニは、倒れている稲を刈るたんびに稲の影から現れていました。
しかし、外来種なので繁殖しすぎると生態系に悪影響なので見つけたら駆除しなければなりません。
ちょっとかわいそうですが、生態系を守るためには必要なことです。

同じく外来種であるウシガエルのおたまじゃくしもたくさんいました。
水面が見えているとサギが食べるそうで、こちらはこのままに。
この時期におたまじゃくし?と思うかも知れませんが、
両手に乗るくらいの大きさになるウシガエルは成長が遅く、この時期でもまだおたまじゃくしの姿でいます。
おたまじゃくしの状態でも大きく、親指くらいの大きさでした。

ギンヤンマは新しい水辺の縄張り争いをしていたらしいです。

こんなにたくさんの生物に会えて、
「田んぼは大事な住み家なんだなぁ」と感じました。

後半はザリガニを駆除する元気もなくなるほど、くったくたになりながら作業しました。
みんなで力を合わせて、なんとか全部刈り終わりました!



4.jpg

このあとは乾燥させて、脱穀、収穫祭となります。

去年は、収穫したお米で「つながりの輪風せんべい」という名前のおせんべいを作りました。
(かっぱん田で育てているお米はもち米なのです…!)

近くの中学校の生徒さんがパッケージのデザインや名前を考えてくれて

具材には霞ヶ浦で獲れたエビを使用しました。

霞ヶ浦は漁が出来る時間帯が決まっているんですが、その時間外に漁をする「密猟」が
大きな問題となっています。
おせんべいに使用したエビは密漁ではないエビを使用し、密猟問題について考えるきっかけを作りました。
さらに休耕地に植えたひまわりから油をとり、おせんべいを揚げる油として使用しました。

さらにさらに、餅の加工や袋詰めなどは近くにある福祉作業所の方たちが行ってくれました。

ひとつのおせんべいにいくつもの素敵なこと、つながりが詰まっています。

今年はどんなものができるのでしょうか。
収穫祭を楽しみにしたいと思います。

(和泉)

アサザ基金:霞ケ浦にトキを!霞ヶ浦を世界一のウナギの産地に!アサザプロジェクト
損保ジャパン環境財団
かっぱん田物語
Share (facebook)
posted by izumi at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

祝30周年&素敵なパフォーマンス

7月29日、NPO法人ぱれっとの30周年式典と「ぱれコレ2012」に行ってきました。

ぱれっとは「働く」「暮らす」「あそぶ」など生活のあらゆる場面で障害のある人の支援を行っている団体です。

ぱれっとが設立された30年前と言えば(私は生まれていません)、障害のある人は人とみなされていない、支援していこうという動きもあまり見られない時代だったんじゃないかと思います。
そんな時代の中で、ぱれっとを創設し様々な活動をしてきた谷口旧理事長の苦労は計り知れません。

1.jpg 創設&旧理事長の谷口氏

 なんと60歳のときにNPOの経営を学びにアメリカに留学したそうです!すご
 いパワフルです!



2.jpg 
 新理事長の相馬氏 

学生時代からぱれっとでボランティアとして活動し、おかし屋ぱれっとの指導員として勤務。現在もおかし屋ぱれっとの所長を兼任しています。
30周年を向え、作業者の高齢化などの課題が見えてきましたが、高齢でも
出来る作業所、第2の作業所を創るなどして対策をとっています。
共感を持ちながら新しい組織を作っていきたいとおっしゃっていました。

渋谷区長の桑原氏、内閣府政策統括官の村木氏など来賓の方々のお言葉もありました。

式典終了後、スワンベーカリーのランチボックスを購入
DSC_0101.JPG
スワンベーカリーは、ヤマト福祉財団とヤマトホールディングス株式会社が設立したもので、障がいのある方を雇用し、自立と社会参加を支援している会社です。



DSC_0103.JPG お土産におかし屋ぱれっとのクッキーもいただきました。
 初めて食べましたが、おいしい!
 来賓でいらしていた村木さんも、最初はこのクッキーのファンになったとおっ
 しゃっていました。




式典、昼食休憩も終り、次は楽しみにしていた「ぱれコレ2012」

衣装や服飾などは企業からの協賛、デザインや縫製はプロのデザイナーさんや服飾大学のボランティアの学生さんによるものだそうです。

3.jpg 
しょっぱなから圧倒されました。




カラー毎にテーマがあり、衣装の雰囲気も違います。


4.jpg ペガサス(白)







5.jpg 
6.jpg
ラブリー・レッド

個人的にお気に入りなのはコレ!






7.jpg サンシャイン(黄)







一番印象的だったのは和太鼓のパフォーマンス!(写真なくてすいません)
力強く、息もぴったりで心にズドーンと響きました!

8.jpg 
会場のみなさんとハイタッチ 







9.jpg 最後はみんなでリズムを刻んで、パフォーマーと観客が一体となりました。







途中何度も込みあげてくるものがあり、泣きそうになりました。
終わった後は、「来てよかった」と心の底から思いました。

来年も開催するか分かりませんが、是非一度見てもらいたいと思います。

ぱれっとマンスリーサポーターの募集
ぱれっとHPはこちら

(和泉)
タグ:NPO・NGO
Share (facebook)
posted by izumi at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

エコプロダクツに行ってきました!その3

おはようございます晴れ

エコプロダクツ訪問記、今回で最終回です。


5つめはキープ協会さんのブースにお邪魔しました。

DSCF5123.JPG

キープ協会さんは、山梨県清里高原で環境教育や農場体験の提供をしている団体です。
季節ごとのプログラムが組まれていて、お話を聞いていたら参加したくなりましたぴかぴか(新しい)

DSCF5126.JPG DSCF5127.JPG

そのほかにも清里の環境保護をしています。

DSCF5128.JPG

これは、やまねやりすなどの小動物のための通路です。


最後は共存の森ネットワークさんのブースにお邪魔しました。

DSCF5134.JPG DSCF5133.JPG

主に活動紹介の展示と炭の販売をされていました。
この炭は、大学生向けのプログラムの一環で作成した炭だそうです。
また、高校生を対象に行っている聞き書きのドキュメンタリー映画を各地で開催しているそうです。
後程スケジュールをお知らせにアップしたいと思います。


今回はこの6団体をまわるので精一杯で、ほかのブースを見学することができませんでしたが、
どのブースもとても賑わっていました。
ただ一つ、企業のブースにいるスタッフがほとんどコンパニオンのお姉さんだったのがとても不自然に感じました。
目の保養にはいいですけどね(笑)

3日間で来場客は181,478人にものぼりました。
こんなにたくさんの人が環境に対して関心をもっているんだと思ったら、
ちょっとうれしくなりました。


(インターン和泉)
Share (facebook)
posted by Maeda at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

エコプロダクツに行ってきました!その2

おはようございます晴れ

おまたせしました。訪問記その2です。

3つめはアイサーチ・ジャパンさんのブースにお邪魔してきました。

DSCF5110.JPG

ねんどでイルカを作りながら、イルカの生体を学ぶワークショップをやっていました。
ちびっこ対象ですが、わたしも参加させてもらいました。

DSCF5112.JPG

左が見本で右がわたしが作ったイルカです。う〜ん、なんかちがう〜(;;)

DSCF5115.JPG DSCF5114.JPG

しかも、荷物が多かったもので、お家に帰って取り出してみたらペシャンコになってました(涙)


次はA SEED JAPANさんのブースにお邪魔しました。
DSCF5117.JPG

A SEED JAPANさんはさまざまな活動をされていますが、今回はエシカルケータイキャンペーンと、エコ貯金プロジェクトについての展示をされていました。

DSCF5121.JPG DSCF5119.JPG

エシカルケータイキャンペーンとは、携帯電話の材料になる鉱物を発掘する際に、環境破壊や人権侵害などが起きていることを知ってもらい、問題解決を目指すキャンペーンです。
発掘の際には、絶滅危惧種に指定されているゴリラの住む場所が破壊されたり、時には労働者の食糧になったり(!)、また、危険な作業に子供たちの労働力が使われていたりするそうです。
エコ貯金プロジェクトは、自分のお金の行く先を考え、正しいお金の使われ方(貯金の方法)を考え推進していくプロジェクトです。
先月、地雷廃絶日本キャンペーンのイベント行った時も、A SEED JAPAのかたがいらっしゃいました。


その2はここまでです。
その3に続きます。

(インターン和泉) Share (facebook)
posted by Maeda at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

エコプロダクツ2011に行ってきました!その1

こんにちは。インターンの和泉です。

先日15日〜17日に日本最大級の環境展示会である「エコプロダクツ」が開催されていました。

GiveOne登録団体である
アイサーチジャパン、A SEED JAPAN、キープ協会、共存の森ネットワーク、樹木・環境ネットワーク、日本ウミガメ協議会

が出展していたので、見に行ってきました。

ちょっと長くなるので3回に分けて報告します。


さすが日本最大級です。迷子になりながらやっとNPO・NGOブースにたどり着きました。

まず、日本ウミガメ協議会さんのブースへ。

DSCF5100.JPG DSCF5099.JPG

右の写真は本物の亀のはく製です。亀って意外と歯が鋭いんですね〜。
展示内容は、主にウミガメの生体に関するものでした。
オリジナルグッズの販売もしていましたよるんるん

DSCF5103.JPG DSCF5105.JPG

亀の着ぐるみを着て、記念撮影もしてくれました!

DSCF5098.JPG

亀さんとお別れして、次の団体へ。


次は、樹木・環境ネットワークさんのブースです。

DSCF5107.JPG DSCF5109.JPG


担当の方がいらっしゃらなかったので、お話は聞けませんでした(;;)
右の写真は、葉っぱで作ったバッタです。。。かね?細か〜いです。

DSCF5108.JPG

こちらは、学生むけの環境教育グッズと思われます。
子どもたちに、楽しんで環境や生物のことを学んでもらえるように、工夫されていますね。

訪問記その1はここまで。
その2につづきます。

(インターン和泉)
Share (facebook)
posted by Maeda at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

難民を助ける会の報告会に行ってきました

 前々回のこのブログでも取り上げた「東アフリカ干ばつ被害」への国内NPO・NGOによる支援活動についてです。難民を助ける会(AAR Japan)が、8月24日夜、JR目黒駅近くの事務所で報告会を行いました。インターンの和泉さんと一緒に行ってきましたので、ご報告します。写真はすべて和泉さん撮影です!
aar01.jpg
22日に帰国したばかりのメンバーが報告
 平日の夜でしたが、左の写真のように約50人分の座席はほぼ満員になりました。最近、国内でも詳細なニュースが流れるようになっていますので、関心のある方が増えているようです。AARは、8月4日に支援チームがケニアに出発しました。計4人で現地の支援ニーズ等を調査し、東部のガリッサ市内で520世帯に、食料等の支援物資を配布したそうです。4人のうち2人が22日に帰国し、今回の報告会で説明をしてくれました。


aar02.jpg
 まずは、河野洋(かわの・ひろみ)さん。








aar03.jpg
 次に、五十嵐豪(いがらし・ごう)さんです。

1200万人に緊急支援が必要
 お二人のお話を要約すると、ざっとこんな感じです。
 東アフリカ地域(ケニア、ソマリア、エチオピアなど)では、昨年後半と今年前半の雨季にほとんど降雨がなく、過去60年で最悪の干ばつとなっている。次の雨季は10月以降。主要産業は牧畜だが、干ばつにより家畜が死亡、収入がなくなり、飢餓に瀕した人たちが多数おり、約1200万人に緊急支援が必要な状況とのこと。特にソマリアからケニア、エチオピアへの難民が増加しており、毎日ケニアに1300人、エチオピアに300人流入している。難民の流入により、ホスト・コミュニティ(難民を受け入れる側の国、地域)側でも、人口の急増、衛生状態や治安の悪化、食料価格の高騰などの問題が生じている。現地での支援ニーズは、食料、水、服やサンダル(裸足ではケガしやすい)、家畜や家畜のえさ、医療サービス、学校教育等々。

aar05.jpg
 AARは、まずは緊急支援として、ガリッサで物資の配布をしたのは冒頭に書きました。対象は高齢者、障害者がいる世帯で、地区の長老に相談をして対象世帯を決めたそうです。とても、きめ細かい作業にびっくりしました。配布したのは、1世帯あたり「米、とうもろこし各5キロ、砂糖と食用油が各1キロ」をバケツに入れたものでした。左の写真は、実際に配布された米とトウモロコシのサンプルです。
 支援に来ているのは、もちろんAARばかりではなく国際機関、世界各国のNGO・NPOなどでして、支援内容・地域が重複したり、偏ることがないよう調整するためのクラスターミーティング(支援分野別に関係者が協議する場。こうした緊急支援では不可欠な仕組みだそうです)も行われるようになったとのこと。

世界最大の難民キャンプ
 ソマリアからの難民の行き先として、ケニア国内に世界最大の難民キャンプ「ダダーブ難民キャンプ」があります。自分の不明を恥じるようですが、調査に行った五十嵐さんの説明で初めて知りました。場所は東部でソマリアとの国境から80キロ。1991年に設置されたもので、今や「人口」は40万人!キャンプで生まれた「第2世代」どころか「第3世代」も、という状況です。キャンプ内には難民が開いた小売店などもあり、「街」と言ってもよいそうです。

 一緒に報告を聞いた和泉さんは「東日本大震災関係に目が向きがちだが、国外でも支援を必要としているひとがいるのを忘れてはいけない」と感じたそうです。私は、ダダーブ難民キャンプにみられるように「自らの意思に反して祖国、育った土地を捨てて国外へ逃れる」という状況が半ば常態化していることを知り、重たい気持ちになりました。でも、河野さんや五十嵐さんのような若い方々が頑張っている様子や、会場から質問が次々と出るのを見て、目を覚まされました。

 AARは今後、11月まではケニア北東州での食料、生活用品の配布を行い、それ以降は雨季の降雨量をにらみながら、中長期的な支援を検討するそうですが、課題も多いとのこと。@干ばつ地域が広範囲A難民キャンプへの関心は高いが、ホスト・コミュニティであるケニア人への支援は少ないB氏族間の軋轢(氏族が違えば同じ井戸から水は飲まないetc)C治安の悪化。
 こうした課題を乗り越えて、なんとか充実した支援を、と願いたいです。
(前田純弘)

 AARの緊急支援プロジェクトはこちら
 難民を助ける会のサイトはこちら
Share (facebook)
posted by Maeda at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

子どもたちの不思議なパフォーマンスを観てきました

 はじめまして、インターンの和泉です。

 8月20日にNPO法人芸術家と子どもたち主催の「かなでるカラダ みらいをつくるわたしワタシ〜動きと音と光のふしぎなパフォーマンス」を観に行ってきました。

 このイベントは芸術家と子どもたちが、東京都・公益財団法人東京歴史文化財団と、東京文化発信プロジェクトの一環で実施している「パフォーマンスキッツ・トーキョー」の一つです。

 現代アーティストを派遣し、一般公募で選ばれた小学3年生〜6年生と10日間のワークショップ型授業を重ね、子どもたちが主役の舞台作品を作っていきます。

 今回わたしが行って来たのが、この舞台の発表公演になります。場所は調布市せんがわ劇場。この日のお客さんは出演する子どもたちのご家族など50名ほどでした。

 今回の派遣されたアーティストは、ダンス・アーティスト、体奏家の新井英夫さんです。参加した子どもたちは20名。

 約1時間のなかで6、7種類のパフォーマンスをする子どもたちは終始、一生懸命で楽しそうでした。見ている側も笑顔になりましたし、感動する演目もありとっても素敵な舞台でした。

 私が見ていて一番楽しいと感じた演目はコチラ↓
kodomo01.jpg


 お鍋を持ったグループと、木片を持ったグループに分かれ、一人ずつ円の中心で踊ります。その動きに合わせて、それぞれのグループがお鍋と木片で音を表現していくものです。
 これは、お客さん参加型だったんですが、新井さんに負けず劣らずの動きで楽しませてくれた方もいらっしゃいました。

 楽しくにぎやかな演目だけではなく、しっとりとしたものも。↓
kodomo02.jpg


素敵な笑顔です。↓
kodomo03.jpg


 子どものころに、プロのアーティストの感性に触れ、たくさんの仲間と一つのことを作り上げるという経験ができることをとてもうらやましく思いました。

ギブワンには、この団体の寄付プロジェクト「エイジアス(ASIAS)学校へのアーティスト派遣プロジェクト」が掲載されています。ご興味ある方は、ぜひ、見てください!

 (写真はいずれも、鹿島聖子さん撮影です。提供ありがとうございます) Share (facebook)
posted by Maeda at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

NPO団体の事務所への訪問同行記

私はつい最近ボランティアサポータとしてGiveOneに参加しました新米サポーターです。
実際のNPO組織の活動については、全く知識も経験もなく、まずはお手伝いから始めると言ったところです。

そんな私に、最近都内にあるNPO団体の事務所に伺いインタビューに記録係として同席する機会がありましたが、そこで感じたことをお伝えします。

インタビューの内容もさることながら、私が興味を持ったのはそれぞれの事務所の様子や雰囲気でした。
施設の新しい、古い、と言った違いがあるのは当たり前ですが、そうした外的要因ではなく、そこに働く方々の意識が事務所内の雰囲気を生み出している点です。
具体的には、資料の整理や室内の片付けかた、置かれている備品などが生み出す雰囲気です。


実はこうした点は、なにもNPOに限ったことではなく、どのような一般企業の事業所に伺っても感じることです。

その雰囲気を通じて何を感じるかと言うと、組織の勢いや意識のレベルです。

それぞれの団体のホームページを見ているだけでは決して伝わってこない点ですが、とても大切ではないかと感じました。



今回訪問した特定非営利活動法人ACEは、児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。カカオとコットンに的を絞ってガーナやインドで子どもたちを児童労働から守る活動を展開しています。
現地のNGOと協力して児童労働の問題の解決にあたっていますが、ACEのスタッフが現地で人身売買の被害にあっている子どもの救出、保護の場面に立ち会うこともあるそうです。
現地での体験談は、なかなかスリリングなものでした。

10036-10055-ProjectPhoto.gif
是非下記のHPでご確認ください。

ACEのウェブサイトでは、フェアトレードチョコレートも販売中。
http://acejapan.org/
「児童労働のない未来へキャンペーン」も実施中です。
http://acejapan.org/campaign/index.html


是非今後も、色々なNPOの事務所を訪問できる機会があればと考えています。
                   (中田 博) Share (facebook)
posted by Nakada at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参加団体への訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする