2012年07月04日

寄付集めの得意なハンガーフリーワールド。

6月21日、パブリックリソースセンター事務局長の岸本幸子が講師を務める立教大学の授業にお邪魔させて頂きました。
今回のゲストはハンガーフリーワールド(HFW)事務局長の渡邉清孝氏です。

ハンガーフリーワールド写真_02.gif
ハンガーフリーワールド(HFW)は、飢餓・貧困の撲滅を目的とした開発途上国における開発事業や、世界各地における啓発活動を行っている団体です。


ギブワン内でも以下のプロジェクトを紹介しています。

*ウガンダ有機果樹植林プロジェクト
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10018
*バングラデシュ有機農業推進プロジェクト
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10019
*西アフリカにおける乳幼児と妊産婦を対象とした栄養改善事業
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10020
*ベナン共和国における幼稚園運営
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10021


今回は「寄付が組織のミッションに与える価値」というテーマでお話が行われ、
普段はなかなか聞くことのできない運営面でのエピソードを数多く伺うことができました。

まず、寄付金が集まらないとどのような弊害が生じるのか、
を切り口にお話が始まりました。

弊害は実に多岐に渡ります。
「人材の雇用が難しく事業を拡大できないこと」「予算を越える物価の値上がりに臨機応変な対応ができないこと」「長期的・戦略的に事業を考えることができないこと」など、複数挙げられました。

一方で、寄付金が集まるとオーダーメイドなキャパビルを手厚くでき、より事業を充実させていくことができます。

ハンガーフリーワールド写真_01
つまり、オフィス環境を整備することで生産性が2−3倍向上したお話や、ネットワーク団体との会議や作業スペースをつくることでネットワークの強化につながったお話など、寄付金がもたらす効果の大きさを再確認させられるエピソードも併せて伺うことができました。

HFWの財源内訳なのですが、寄付金の割合が86%にも上ります。
どうしてHFWはこんなにも寄付金を集めることが得意なのか、気になるところです。

実はHFWは会員の母集団と共通点の多い、ある広域的なネットワークをもつ食品販売流通業を寄付集めのメインターゲットにしています。HFWの事業領域である「飢餓・貧困」と近しい関係をもつ「食」に関心の高い人が集まっているだけでなく、HFWボランティアの中心である「主婦層」を母集団としているからです。尚且つ「組織力」も有しているため、HFWにとって寄付を募りやすい(共感を得やすい)母集団だったのです。

HFWは試行錯誤を繰り返しながらターゲットを絞り込み効率化を図ってきました。「尖っていれば刺さる、尖っていなければ刺さらない。」という渡邉氏の一言が印象に残っています。

HFWのお話を伺っていると、試行錯誤を繰り返し、微調整を繰り返しながら、現在の寄付集めの型を創り上げてきたのだと伝わってきます。これからも新しい試みを続けていかれるであろうHFWを応援していきたいです。(阿部紘士)

Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各団体・プロジェクトの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

難民を助ける会の「手作りトートバッグ活動」が新聞で紹介されました

 ギブワンの登録団体である「難民を助ける会」では、4月から5月にかけて被災地へ
手作りのトートバッグを送る活動を実施しました。
 ギブワンの同団体活動レポート内でも、「手作りトートバッグで被災地を応援しよう」プロジェクトとしてご紹介されています。
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10613

配られたトートバッグは被災者の方たちにとても重宝され、好評につき募集が再開(受付は今月14日まで)。
bag.jpg
岩手県釜石市の仮設住宅にて

さらに先日新聞の紙上でも記事になりました。
『手作りトートバッグ 被災地で人気』(朝日新聞11月5日記事より)
・・(途中略)・・「支援者の気持ちが伝わるように」と、手軽に縫えるトートバッグを手作りで同会(注:難民を助ける会)へ送ってもらった。「被災地の力になりたいけれど、現場で支援活動する体力がない」というお年寄りや手芸サークルなどから約5千個が寄せられた。
・・(途中略)・・バッグには、作った人の手紙が添えられている。・・・・・「だんだん寒くなりますね。少しずつ休みながら、ゆっくり生きて下さい」

トートバッグが人々の思いやりまで届けてくれる、心温まる活動ですね(羽生惠理)

※手作りトートバッグ募集にご興味のある方は団体HPをご覧下さい。(11月14日まで)http://www.aarjapan.gr.jp/about/news/2011/1025_791.html)
Share (facebook)

2011年11月06日

ナイジェリアの石油採掘で環境破壊が起きています

 10月29日にアムネスティ・インターナショナルが主催する全国スピーキング・ツアー2011「ナイジェリア 石油採掘がもたらす環境破壊と人権」に行って来ました。このスピーキング・ツアーはアムネスティ日本の創立50周年記念国際キャンペーンの一環として行われました。
 これが第1弾で、第2弾のテーマは「ビルマ すべての政治囚の解放をもとめて」でした。詳しくは以下のアムネスティのサイトを参照してください。
 http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=4184

 今回のスピーカーはナイジェリアで環境・人権保護に取り組むディネバリ・ディヴィッド・ヴァレバさんです。彼は原油の流出や、石油採掘による廃棄物で汚染されたナイジャー・デルタ地域で生まれ育ちました。今回は、彼の生まれ育ったナイジャー・デルタ地域の様子を話していました。

 ナイジェリアは1958年から石油採掘を開始し、幾度と無く原油流出事故が発生しています。中には3ヶ月原油が流出したまま放置されたこともあったそうです。

 ナイジャー・デルタ地域の大半の人々は農民と漁師の兼業で生活しています。原油流出により川が汚染され、地元の人々のタンパク質源であった魚類も被害にあいました。たんぱく質源と収入基盤を失い、食糧が確保できなくなり貧困が悪化しています。

 原油流出事故のあった地域では、共通して呼吸器疾患、胃腸疾患、栄養失調などがよくみられ、
原油流出が原因ではないかといわれています。事故のあった多くの地域では、汚染除去作業はまだされておらず、賠償金も未払いのままだそうです。

 ナイジェリアではマングローブが川の生態系の鍵を握っているため、ヴァレバさんの所属する環境・人権・開発センター(CEHRD)ではマングローブの再生プロジェクトを始めました。開始してから3年、順調に成長していたところで原油流出の被害にあってしまいました。

 国連環境プログラムが1年かけて、流出事故の被害にあった地域の調査をしたレポートが3か月前に発表されたのですが、ナイジェリア政府はいまだにアクションを起こしていません。日本の歴史の中にも公害問題がありましたが、こういった問題は解決に時間がかかるので一刻も早い対応が望まれます。

 アムネスティ・インターナショナルではサポーターが政府や機関に手紙をだして直接訴えるという活動を行っています。今回の講演でも配られていました。
amnesty.jpg

 早く現在の悲惨な状況から抜け出しまた緑豊かなナイジェリアに戻ってほしいと思い、私も手紙を出してきました。(和泉) Share (facebook)

2011年10月26日

トルコ東部地震被災者に対する緊急医療支援 開始

Logo大.gif日本時間10月23日午後7時40分過ぎ、マグニチュード7.2の地震がトルコ東部で発生。
アムダ(AMDA)では被災地での医療活動を行うべく、医師2名、調整員1名の3名の緊急医療支援チームを派遣しました。

ギブワン寄付プロジェクトはこちら:
AMDA「トルコ東部地震被災者に対する緊急医療支援」
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10242

トルコは世界屈指の親日国として知られ、東日本大震災の時にもトルコの救助チームは長期間に渡る被災地での支援活動を行ったそうです。
AMDAでは、こうした「相互扶助」の観点からも今回の地震発生当日の23日には緊急医療支援活動の開始を決定し、24日第一次医療チーム派遣に至りました。

「またもや大きな災害が起こってしまった」という焦燥感は否めませんが、ひとり一人が今できることに目を向け、ご支援のほどお願い致します。(羽生惠理) Share (facebook)

2011年10月22日

タイ洪水緊急支援募金プロジェクト開始

 タイ各地で大きな被害をもたらしている洪水による死者は340人を越え、被災者は北部や東北部、中部などで計約279万人に上っています(10月21日現在)。

ギブワンでは以下の2団体がタイ洪水緊急支援募金プロジェクトをスタートしました。

一般財団法人民際センター
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10240
集まった募金は、民際センター タイ事務局(EDF-Thai)を通じ、被災地の学校へ贈ります。

特定非営利活動法人アムダ(AMDA)http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10241
日本から医療チームを派遣することを決定し、すでに保健師や医師など計3名を派遣。また救援のためのライフジャケットや家庭用医薬品なども提供しています。

ニュースなどでご周知のことと思いますが、今回の洪水では多数の日系企業が被災しており、私たちにとっても他国で発生した災害では済まされない甚大な影響が懸念されています。
浸水は首都バンコクにも迫り、被害は現在も拡大中です。

皆さまのご支援をお願い致します。(羽生惠理)

amda.jpg
AMDAが準備したライフジャケット
Share (facebook)

2011年08月31日

心温まる活動レポート

 皆さん、こんにちは。
 ギブワンでは、登録頂いている団体に、定期的に活動レポートをお願いしています。皆さんからの寄付を受けて、その団体がどのような活動を行ったのか、寄付者ばかりでなくその活動に関心がある方々皆さんに、報告するためです。

 レポートを読むと、その団体が置かれている状況や活動の苦労、その分野を取り巻く環境などがよく分かります。実は、ギブワン上ではかなりの「お勧めコンテンツ」でもあります。

 最近掲載したレポートの中で、二つ、ご紹介したいと思います。

 まずは、トゥギャザーの「第1回被災地施設訪問レポート 〜障害当事者とともに〜」です。
 トゥギャザーは、障害者の自立を支援する大阪の団体です。普段は、自分たちの活動だけでもご苦労が多いと思いますが、その団体がなぜ、自ら東日本大震災の被災地に行ったのか、障害者二人も同行して何を感じたのか、その後何をしたのか。私には、トゥギャザーの方々の優しいまなざしを感じるレポートでした。

 次は、不登校・ひきこもりや「発達障がい」の子どもたちや若者を支援する楠の木学園の「障がいの重度・重複化による個別対応が必要な生徒の支援」です。
 一読すると、発達障がいの若者が置かれている状況、どういう支援が必要なのか、淡々とですが「ここまで気配りしている人たちがいるんだ」とホッとするような感じで綴られています。

 ギブワンには、興味ある分野のプロジェクトをキーワード入力で検索できる機能があります。「プロジェクトを探す」のページで、試してみてください。例えば、発達障害関連であれば「発達障害」「発達障がい」の両方で探してみると、楠の木学園以外にもプロジェクトが見つかります。

(前田純弘)
Share (facebook)

2011年08月19日

東アフリカ干ばつ被害への支援が始まっています

 連日の猛暑、甲子園の熱戦、欧州の経済情勢、混迷する政治状況、そして東日本大震災と、私たちの身の回りで起きていることを追いかけ、消化していくだけでも大変な日々です。

 でも、ちょっと目を転じてみると、東アフリカのソマリアでは、「過去60年で最悪とされる干ばつにより、40万人の子どもが餓死する恐れがある」という、とんでもないことが起きています。
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110818-OYT1T00479.htm

 ギブワンの登録団体の中で、すでに現地入りして支援活動を開始している団体があります。

 ◎世界の医療団:緊急医療支援を7月から開始
 http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10229

 ◎グッドネーバーズ・ジャパン:ソマリアから難民が流れ込んでいるケニアで食糧支援を開始
 http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10226

 ◎難民を助ける会:ケニア東部の町で食料配布を開始 
 http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10227

 難民を助ける会からは、すでに、活動レポートも届きました。
 http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10657

 日本からは遠い遠い地域ですが、現地で奮闘する団体へ寄付するという形で、思いを伝えることが可能です。みなさんのご支援をよろしくお願いします。
(前田純弘)
Share (facebook)

2011年07月05日

宮城県名取市の障害者施設「みのり会」訪問(2)

社会福祉法人みのり会の生活介護施設るばーとは、6月から「仮住まい」で活動を本格化させています。利用者さんは約35名。平日の毎朝「るばーと」にやってきて、さまざまな活動を行っています。
minori_2.gif


3月11日の津波で流されて活動拠点を失ったため、とりあえず活動できる場所を探していたところ、家畜診療所の跡が空いていることがわかりました。
minori_1.gif

「るばーと」の看板をどけると、
minori_3.gif


「宮城県農業共催組合連合会 名取家畜診療所」の看板が出てきます。
minori_4.gif


この6月から活動を行うために、崩れた壁をきれいにし、給食設備のためのプレハブを建てて新品の設備を入れ、
minori_6.gif


壊れた階段を作り直し、和式のトイレをユニバーサルトイレに替え、
minori_5.gif


2階に上り下りする階段が1つだと危険なので建物の外に階段を付け・・・さらに水周りや浄化槽など、たくさんの改修を行いました。全部で2000万円近くかかっているそうです。どれも障害を持った方が利用するためには必需品です。
minori_7.gif


資材を提供してくださる方、はりきって作業をしてくださる工務店の方、在庫の調理設備を格安で提供してくださる業者さんなどの協力で、利用者さんが毎日通ってくることができる施設になりました。

何年先になるかまだはっきりわかりませんが、元の施設を復元するまでの間の仮りの活動場所です。でも利用者さんの生活は待ったなしです。利用者さんのことを第一に考え、最善を尽くす職員のみなさんに頭が下がりました。

□ 難民を助ける会では、障害者施設・高齢者施設の修復工事や、仮設住宅で必要な日用品の配付などを行っています。まだまだ資金が必要です。オンライン寄付はこちらから。「難民を助ける会の東日本大震災復興支援

(田口)
Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各団体・プロジェクトの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

宮城県名取市の障害者施設「みのり会」訪問(1)

2011年7月1日、仙台市の隣、仙台空港のある名取市を訪ねました。

Give Oneでも紹介している「難民を助ける会」の岡山さんにご案内をしていただき、同会が支援している障害者・高齢者の福祉施設のひとつ、社会福祉法人みのり会の理事/施設長の笠井晃さんと、生活介護施設るばーと サービス管理責任者 主任支援員の目黒恵美子さんにお話をうかがいました。(左から笠井さん、難民を助ける会の岡山さん、目黒さん)
minorikai1.JPG


みのり会は、知的障害と身体障害を持った方が利用する施設としては、名取市で唯一の施設です。

●生活介護事業所 るばーと(定員35名) 

●地域活動支援センター らるご(日々25名)

●日中一時支援 ゆらり(日々3名) 
●就労継続支援事業 名取市みのり園(定員25名)

を運営していましたが、3.11の大地震による津波のため、そのうちの「るばーと」と「らるご」と「ゆらり」の入った施設がめちゃくちゃになってしまいました。
minorikai2.JPG


建ててまだ9年。2月に改装工事が終わり、いただいた60インチの大型テレビも設置して、みんなで喜んでいた直後でした。庭の大きな桜の木は根こそぎ流され、プレハブも跡形もなく消えました。
minorikai3.JPG


施設の後ろは森になっていて、施設は全く見えなかったそうですが、木はほとんど流されてしまいました。
minorikai4.JPG



ボランティアさんに片付けていただいて、今はこれでも少しはきれいになりました。でも建物はもう二度と使えません。

【地震発生!すぐに逃げて利用者さんの安全を確保】
施設は壊滅しましたが、職員の適確な判断により、利用者さんや職員の方は全員無事でした。地震が発生した14時46分は、ちょうどお茶の時間で全員が一カ所に集まっていたことに加え、帰りの時間が近かったために、ドライバーさんも車も準備ができていたことが幸いしたと、目黒さんはおっしゃっています。
しかし判断をひとつ間違えば、大変なことになっていたはず。一瞬の迷いもなく、渋滞で道が込み合う前に、安全な場所に逃げることができたのは、職員の方のすばやく適確な判断があったからこそです。

また、避難した先は高台ではなく、津波の様子がいっさい見えなかったのが、ほんとうに良かったとおっしゃっています。「当日、高い建物の上に逃げて津波の被害を目撃した人は、ずいぶん精神的に傷ついているといいます。みのり会の利用者の方々は見ていなくて本当によかった。おかげで元気に過ごせています。」と施設長の笠井さんは言います。

【まずは避難先の確保】
3月11日の夜は、避難所となった体育館の脇に施設の車を9台、縦列駐車して、家族が迎えにきた人以外は車中泊をしました。大勢の見知らぬ人の中で過ごすことが難しい利用者さんが多いからです。トイレも停電でろうそくの灯りだけですし、よく利用者さんがパニックにならずに過ごせたと、目黒さんは振り返っていました。

3月12日からは、津波の被害に遭わなかった、就労継続支援事業 名取市みのり園(クッキーを作る作業所)に移りました。利用者さんのうち5名が、ご家族を亡くされて、泊まりの支援も必要だったことから一部屋を宿泊用の部屋にあてましたが、みのり園の活動ができなくなってしまいます。幸い、名取市にある酒屋さんのご好意で、空いていた2階を使わせていただくことができました。

【利用者さんの安心・安全を第一に】
職員も23名が車を失ったり、家や家族が被害にあった方もいたにもかかわらず、利用者さんの安全の確保と支援は待ったなしです。普段から利用者さんと心を通わせ、ひとりひとりのことをよく理解していたことが、このような想像を超えた災害の際にも適確な判断につながったのだと思います。

(田口)

(続く)

Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 08:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 各団体・プロジェクトの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

美味しいお菓子を食べて、被災者支援

pare.jpg
東京恵比寿にあるおかし屋ぱれっと を訪れました。
ここは、障害者が様々な生活場面で自分らしく生きるためのサポートをする団体特定非営利活動法人 ぱれっとが、障害者の社会参加・就労支援を目的に、手作りクッキーとパウンドケーキを製造販売しているお店です。
http://www.okashiya-palette.or.jp/ 

 一般の洋菓子店と変わらぬ様相の店内で、おいしそうなお菓子が販売されていました。

オリジナルレシピで作られたお菓子は、生地作りから袋詰めまですべて手作り。低タンパク質の北海道産薄力粉を使用し、合成着色料・保存料は一切使用していません。

         
*  *  *  *  *


DSCF3796.JPG

私もぱれっとのクッキーを購入 おいしくいただきました。
 現在 おかし屋ぱれっとでは売り上げの10%を東日本大震災被災者への支援金として寄付を行っています。


通信販売でも購入できますので、皆さんもプレゼントやお土産などにもぜひ活用して 震災復興支援の一役を担って下さい!!(羽生惠理)

団体HP:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=9 Share (facebook)