2016年10月04日

インターン生の自己紹介と世界食料デープレイベントに参加しての感想

初めまして。2016年度CSOラーニングインターン生の黒川光汰です。
自己紹介と、先日参加した「世界食料デー」月間2016プレイベントの感想を書きたいと思います。

【自己紹介】
私は大学で環境問題や貧困問題について勉強しています。
Civil Society Organization(NPOやNGOなどの市民組織。以下CSO。)を支える寄付の仕組みや寄付の意味などに興味を持って、パブリックリソース財団で長期インターンをしています。

CSOラーニング制度とは、環境分野のCSOに大学生や大学院がインターシップをする制度です。損保ジャパン日本興亜環境財団が社会貢献の一環として行っているプログラムです。(詳しい制度の説明はこちらで:http://www.sjnkef.org/internship/index.html

半年間の短い期間ですが日々インターン先で感じたことや、Give One(ギブワン)
登録団体が実施するイベントに参加し勉強したことを更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。
また、Give One(ギブワン)のFacebookやHPも更新していますので、掲載希望のイベント情報、イベントの招待があればコメントお願いします。

【「世界食料デー」月間2016プレイベント参加】
さて、先日<「世界食料デー」月間 みんなで食べる幸せを>が主催のプレイベントに参加いたしました。ちなみに世界食料デーは<10月16日>です。(HP: http://www.worldfoodday-japan.net/ )

Give One(ギブワン)登録団体では「特定非営利活動法人WE21ジャパン」、「特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド」が協賛しています。

世界で起きている飢餓や食料問題について多くの人に知ってもらうために様々な取り組みを行っていて、LINEのスタンプも作成しています。
(スタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/1321665 )

当日のイベントではワークショップに取り組み、世界の食糧問題に取り組むパネリストの方を交えたディスカッションがありました。

▼ワークショップの様子
DSC_0333.jpg

▼フェアトレードで実際に作られたチョコ
DSC_0332.jpg

食糧問題と一口に言っても複雑に関わり合っていて、裕福だと考えていた日本でも飢餓に苦しんでいる方がいることを知りました。

個人がその解決のために直接行動することは困難なことですが、
SNSやこのようにブログで情報発信すること、チャリティーイベントに参加することはできます。
パブリックリソース財団でのインターンをきっかけに、さまざまな団体のイベントに参加したり、Give One(ギブワン)を通して発信したりしていきたいと思っています。

今回のイベントに共催していたハンガー・フリー・ワールドと、WE21ジャパンにはGive One(ギブワン)からオンラインでの寄付が可能です。

☆特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
ウガンダで栄養不良の助成や子ども達を支援する
「ウガンダ有機果樹植林プロジェクト」
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10018

☆特定非営利活動法人WE21ジャパン
フィリピンの森林破壊で生活の糧を奪われる先住民を支援する
「コーヒーの森−生活と環境を守る森林栽培(フィリピン)」
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10220


Give One(ギブワン)は公益財団法人パブリックリソース財団により運営されています。

パブリックリソース財団のHP、Facebook
→ http://www.public.or.jp/ 
→ https://www.facebook.com/public.resources.foundation 

Give One(ギブワン)のFacebook、Twitter
→ https://www.facebook.com/giveone.net/ 
→ https://twitter.com/give_one 
Share (facebook)
posted by Taguchi at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

スパイスからカレーをつくり、スプーンを使わず手で食べる!

こんにちは!アルバイトの東里です。
「ノボディゴント」「ハンガーフリーワールド」主催のカレーパーティーに参加してきました。このおいしいイベントのお味をレポートで皆様にお届けします。手作りスパイスのカレーに憧れている方、必見ですよ!
image4.JPG

このカレーパーティーを主催する「ノボディゴント」とは在日バングラデシュ人を中心としたボランティアグループで、飢餓のない世界を創るために活動する国際協力NGOであるハンガーフリーワールドがバングラデシュで行っている井戸建設、トイレ設置などを支援しているほか、独自にバングラデシュでの支援活動を展開しています。

どんなイベント?
このパーティーの内容としては日本人の先生がお二人と、バングラデシュ人のアニスルさんがカレー作りを通してバングラデシュの文化を教えてくれるというものです。
今回は自分を含めて5人の方がパーティーに参加しました。中国の方もいて、国際色豊かなメンバーで
イリッシュ(白身の川魚)のカレー、野菜のカレー、豆の炊き込みごはん、ジャールムリ(サラダ)、ラスグラ(サラダ)、チャイ(飲み物)を一緒に作りました!
image8.JPG

いざ調理開始!
懐かしの調理実習のような雰囲気でカレーを作っていきます。国も年齢もバラバラな人が集まり、同じごはんを作る。カレーを作っているだけなのになんだか感動してしまいます。
煮込んでいる間にレシピの説明や、バングラデシュの食文化の紹介などをしてくれます。さっき洗っていたこの豆が現地では人気だよ。日本と同じくらいの人口が北海道二つ分くらいの大きさに住んでいるんだよ。などと教えてくれるので遠い国の話でもとても近くに感じることが出来ます。
スパイス作りでは、下手な自分が少し焦がしてしまいましたが。特製スパイスと言えば多少の失敗も味の深みになってしまいます。セーフです!
色々ありましたが無事完成!やっと食べることができます。
image2.JPG
実食!
しかし!ここで選ばなくはならない問題が。それはスプーンを使うか否かというものです。
アニスルさんも目の前にいますし、せっかくなので手で食べることにします!
手をカレーに入れて。つまんで。食べる。
なかなか抵抗がありましたが気合を入れて食べ進めていると慣れていきます。
けれど、熱い食べ物は辛かったです。どのように食べるのか聞くと、「熱さは受け入れよ。」とのお言葉をいただきました。これはアニスルさん個人の考え方であることを願います。
デザートにはスプーンを使い、食後はチャイをいただきました。
どの料理にも色々な香辛料が使われていて、日本にはない複雑な美味しさでした!
image6.JPG
image5.JPG


カレーパーティーの意味

カレーパーティーを通してバングラデシュの文化を知り、知ったことを人に伝えていってほしい。そしてこのパーティーの参加費も寄付になっているとアニスルさんは語ってくれました。おいしく!楽しく!さらに社会貢献までできるのがこのカレーパーティーなのです。

情報
毎月行われているこのカレーパーティー。作って食べることもできますが、なんとできたカレーを食べるだけのおいしいとこ取りも出来ます。個人的にはカレー作りから体験する方がおすすめですよ!
次回は4月26日に開催予定です。場所は新宿区箪笥町地域センター4F調理室です。
詳しくはhttp://www.hungerfree.net/event/まで

ご寄付はこちらからhttp://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=153
ページの下段に、ハンガーフリーワールドが取り組んでいるプロジェクトへのリンクがあります。ご興味を持ったプロジェクトに、是非、ご寄付をお願い致します。

最後にベンガル語でごちそうさまの言葉を教えてもらったので使いたいと思います。
「ショコラアラハムドゥリッラ!」
Share (facebook)
posted by Aizato at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

学習雑誌ラファエックによる農村地域の自立支援事業 学習雑誌ラファエックによる農村地域の自立支援事業 学習雑誌ラファエックによる農村地域の自立支援事業

インターン生の東里です。
学習雑誌ラファエックによる農村地域の自立支援事業についての紹介をさせていただきます。

東ティモールの農村部、とくに貧しく識字能力の低い世帯に向けて作られているこの雑誌は公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパンが作成、配布している学習雑誌です。大人から子どもまで大人気の雑誌で、この雑誌を利用した住民参加のワークショップを中心とした活動も展開しています。

現地語で作った雑誌により起業と小規模金融サービスへの理解促進、計算・識字能力の向上、農業と健康管理の改善、乳幼児の保健、子どもの教育への理解促進を通して、対象世帯の保護者の生活・生計能力が向上することを目的に活動しています。
今いる子どもたちだけでなく未来の子どもたちのためでもあるように感じます。教育の重要さ、そしてそれを受け継いでいくことの大切さを気づかされます。

現地の子どもたちからはこのような声が届いています。
エガス・ゴメスくん(小学校5年生)
『学校や家でラファエックを使っていろいろ勉強しています。もちろん遊ぶことも好きですが、学校で勉強をすることの方がもっと好きです。学校の授業で一番好きな教科は算数。今熱中しているスポーツはサッカーで、毎日友達とサッカーしています。』
エガスくんの夢は、たくさん勉強して政府高官になることだそうです。

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパンへの支援はこちらから
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10398N1211_10398-12.jpg Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

日本経済新聞様にてGive Oneが掲載されました!

新聞20141226112506.jpg

インターン生の東里(あいざと)です!

2014年12月22日の日本経済新聞(夕刊)にてGive Oneを取り上げていただきました。

個人の寄付が増加していく中で拡がっている匿名寄付という文化についての記事でした。
匿名寄付であることの良さや、またそれに付随する問題点などが書かれていてとても勉強になるものでした。
匿名にしておきたい寄付者の方と、寄付をいただいた団体がどのような関係であるのが良いのか考えさせられる内容でした

そんな中でこれから自分がどのように関わっていけるのかが楽しみです。 Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

反アパルトヘイトの道のり

image.jpeg

インターン生の宮田(大学2年)です。
9月30日TAAA(アジア・アフリカと共に歩む会)の活動報告会に行ってきました。

TAAAは南アフリカの子どもたちの教育支援をしている団体です。子どもたちに英語の本やサッカーボールを届けるなどの活動をしています。

活動報告会では南アフリカでアパルトヘイトが行われていたときどのような反対活動を行っていたかお聞きすることができました。
TAAAが設立される以前からみなさんが長年にわたって南アフリカの人権問題に取り組んでこられたことが伝わってきました。
地道な活動を続けることで少しずつ世の中が変わっていくのだと感じました。

また、反アパルトヘイトの活動がどのように行われていたかを資料として残し、次の世代に伝えていくことが必要だとおっしゃっていたことが印象に残りました。
今後人種差別がない世の中をつくっていくために重要なことだと思います。

活動報告会には私と同じ20代で、TAAAの活動に参加している方も来ており、お話をすることができました。
イベントに参加すると新しいつながりができていくのでとてもわくわくします。
TAAAは毎月ボランティアの人が集まって英語の本の梱包作業を行っているそうなので、今後そのような活動にも参加してつながりを深めていければ、と思います。

アジア・アフリカと共に歩む会への寄付はこちらから
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10038

image2.jpeg



Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

パラリンピックを応援して、障がいについて考える契機に!

ロンドン・パラリンピックが開幕しました。
開会式は 600人もの障害者ボランティアによるダンスや車いすの空中ショーで大いに沸き上がり、彼らのパワーに感動させられました。

イギリスでは、出場選手たちの活躍を「Superhuman(超人)」と呼んで称え、障害者への認識そのものの変革を目指しています。
 

para.jpg

パラリンピック発祥の地で開催される今回の大会は参加国・人数ともに史上最大規模。
この記念すべき祭典を応援しながら、あらためて障害のある方々に向き合い、障害に対して考え理解を深める機会にしたいと思います。

ギブワンでも障がい者を応援する様々なプロジェクトを紹介しています。
詳細はこちら:http://www.giveone.net/cp/pg/CtrlPage.aspx?ctr=ps&sk=t&sf=4
どうぞよろしくお願いします
(ロンドン在住ギブワンガイド 羽生)
Share (facebook)
posted by Hanyu at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

「カナエール夢スピーチコンテスト2012」に参加しました

 7月1日(日)、大手町にて、NPO法人「ブリッジフォースマイル」主催、「カナエール2012夢スピーチコンテスト」が行われました。発表をしたのは高校3年生から大学3年生の若者たち9名。彼らはみな児童養護施設出身です。彼らは18歳で高校卒業すると同時に、児童養護施設を出て、自分の力で生活しなければなりません。
k11.jpeg
■NPO法人「ブリッジフォースマイル」とは?事業の一環である「カナエール」とは?
児童養護施設から社会に巣立つ子どもたちが、未来への希望を持って生きられるよう支援する活動を、持続的かつ発展的に行っています。「カナエール」は、「資金」と「意欲」の二つの面で若者たちを卒業までサポートするプログラムです。夢を語るスピーチコンテストを軸に、児童養護施設の子どもたちの進学格差と、将来への「希望格差」を解消し、社会全体で支えるしくみをつくっています。


■「カナエール夢スピーチコンテスト」に参加した若者の生活状況とは
 彼らは自立するために、来る日も来る日もアルバイトをしながら学校に通っています。それでも彼らは夢を見つけ、いきいき輝いて毎日を過ごしています。そしてスピーチコンテスト「カナエール2012」という大舞台で、観客に夢を語りました。
----------------------------------------------------------------------------------------

 スピーチを行った若者たちのことを本番まで多くの人々が彼らを支えてきました。「カナエール2012」の開催にあたって、9人の発表者の学生(「カナエルンジャー」と呼ぶ)をサポートする「エンパワーチーム」が結成されました。そして「エンパワーチーム」が「カナエルンジャー」たちの発表原稿をブラッシュアップするなどのフォローをしていきました。

「児童養護施設に勤め、自分を育ててくれた職員の先生のようになりたい」「たくさんの人を笑わせるマンガ家になりたい」「トランペット奏者になって、人の心に響く演奏したい」夢のカタチに違いはあれど、9人全員が嘘偽りない気持ちで夢を語っていました。スピーチをした若者たちはとても堂々としていて、晴れやかな表情をしていました。



 感動にあふれた「カナエール夢スピーチコンテスト」。コンテストの第一位に輝いたのは専門学校生のゆう。「安心と癒しを与える看護師になりたい」と話す彼女も、幼い頃は「感謝」という意味がわからなかったといいました。それでも彼女は成長するほどに、施設の生活にありがたみを感じるようになったのです。施設の方からたくさんの愛をもらった彼女が、夢を叶えるときがきたら目の前にいる患者の方に対し、大きな愛情をもって接することでしょう。

■彼らが社会に出る大きな意味
 若者たちのスピーチを聞いていた審査員の和田裕美さん(株式会社ペリエ代表取締役)は「彼女のような(つらい状況を乗り越えてきた)子たちが社会にでることが、きっとみんなに元気を与えてくれる」と力づよく話していました。

困難な状況を乗り越え、たくましく成長した彼らだからこそ社会に貢献できることはきっと、たくさんあります。
img_1195506_32653190_0.jpeg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「子供たちひとりひとりの未来に光を」そんな思いで活動を続けているNPO法人「ブリッジフォースマイル」。ブリッジフォースマイルのビジョンに共感し、支援をする心のやさしい方々の御陰で、ブリッジフォースマイルは社会に多くの価値を届けてきました。

ソーシャルグッドな取り組みをする団体を応援したい。そのために、GiveOneブログは広報という形でNPO法人を応援します!
今後ともGiveOnebブログをよろしくお願いします。

(ボランティア 佐藤)
Share (facebook)
posted by GiveOne (ギブワン) 管理者 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

ロンドンマラソン 女性ランナーの死去に際して

ロンドンマラソン.jpg

22日に行われたロンドンマラソンで、出場者の30歳の女性(Claire Squireさん)が
レース中に倒れ亡くなりました。

彼女は、当大会にチャリティランナー(特定の慈善団体に対して一定額の寄付を集めることによって出場権を得るランナー)としての参加していました。
自殺防止などの活動に取り組む団体サマリタンズに対し
「1人5ポンドでいいので寄付してください」
と彼女が呼びかけるJustGiving上のサイトには
現地時間24日22時現在で 546,300ポンド(およそ7,160万円)
の寄付金が寄せられています。


このことは現地のメディアでも大きく取り上げられ、
さらに多くの寄付金が集まるであろうと予想されます。


ふとしたきっかけで思い立ったこころざしが 即座に行動につながる寄付のカタチ。
まさにギブワンの目指す理想を、ボランティア先進国イギリスにおける
人々の行動を通じて垣間見た出来事でした。

亡くなられたクレアさんに、謹んで哀悼の意を表します。


参考までに、ロンドンマラソンに関連する過去ブログ:
 http://gamba-staff.seesaa.net/article/141986631.html     
(記事は 東京マラソンがチャリティー枠を設ける以前の内容です)

                (ロンドンより 羽生惠理) Share (facebook)
posted by Hanyu at 06:11 | Comment(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

期間限定フェアトレード雑貨ショップ@恵比寿

ギブワンの登録団体シャプラニールが期間限定でオープンしている
フェアトレード雑貨ショップにお邪魔しました。


取扱商品は想像以上に品数豊富 →→
ほぼ店内2階フロアいっぱいに陳列されています

IMG_0012.JPG




IMG_0011.JPG手作り品としての完成度も高く、    
プレゼントにもお奨めの良品が並びます




 私たちがこれらの商品を購入することによって、団体の活動拠点であるバングラディッシュや
ネパールの女性たちの貴重な収入源につながります。
 例えば刺繍入りきんちゃく袋(1900円)を買うと、約220円が生産者の賃金となり、
バングラディッシュでは、この収入でおよそ5kgのお米を買うことができるのです。

* * * * * * * * * * *

フェアトレードは生産者と先進国の消費者が対等な立場で行う貿易のカタチ。
手軽にできる身近な海外協力です。
大切な人への贈り物に是非フェアトレードの商品をご利用してはいかがでしょう!!

* * * * * * * * * * *


<ショップの開催情報>期間:2/15(水)〜4/2(月)
場所:恵比寿「椅子と雑貨の店 座りここち」内 2階
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-21-19(TEL)03-5794-8175
http://www.suwari-cocochi.com/
   
(羽生惠理)
Share (facebook)
posted by Hanyu at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

GiveOneサーバー移転作業の状況ご報告(2)

GiveOneガイドの鷹野です。

本日はサーバーメンテナンス作業で、事務局の田口さん、前田さんとともに
事務所に出社しました。
ますます安心して使って頂けるよう、セキュリティを向上を図るため、
サーバー移転作業を行っています。

これまでに、新サーバーの設定、プログラム・データ移行が完了し、
表示、登録、決済、メール等の確認・検証作業を行っています。

火曜日には再開見込みで進めていますので、ご理解のほど
どうぞよろしくお願いします。

GiveOneサーバー移転作業の状況ご報告
http://gamba-staff.seesaa.net/article/247406022.html Share (facebook)
posted by Takano at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | GiveOne活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。